スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

Camino de Santiago サンティアゴ巡礼 39日目 2012年7月1日 前夜祭

6時半起床。

準備をして朝食。

チョコパンとオレンジ。

そして7時半に出発。

カオンさんは一足先に出発した。

ちなみにこちらがアルベルゲのお部屋。

P7015674_20131019130343413.jpg

そして食堂。

P7015670.jpg

アルベルゲの入り口には、ガリシア州の巡礼マスコットのハコベオくん(ちゃん?)。

P7015675.jpg

町の中をしばらく進むと、巡礼路は森(林?)の方へ。

P7015676.jpg

P7015677.jpg

今日は霧が深い。

と、前方にいるカオンさんと歩いているの、ヒヨさんじゃない?

P7015684.jpg

足早に近づいてみると、やはりヒヨさん。

どうやら、違うアルベルゲに泊まっていたらしい。

「今日はどこまで歩くの?」

「明後日、サンティアゴでお昼のミサに出席したいから、今日は手前のモンテドゴゾに泊まる予定だよ。」

「そうなんだ!一緒だ!」

イネさんも今日はモンテドゴゾに泊まるらしい。

「じゃ、今日は前夜祭だね!一緒に夜ごはん作って食べようよ。」

「うん!キッチンとスーパーがあるといいね~。」

「じゃ、また!アルベルゲで!」

「ブエンカミーノ!」

そう言って先に歩く、ヒヨさんとカオンさん。

P7015680.jpg

時々、人気のない民家を通り過ぎる。

その廃屋のようなところに書かれていた文。

P7015683.jpg

壁に書くのは・・と思うけど、なかなか素敵な文句。

今日の前半は、ずっと森(林?)。

P7015687.jpg

最初の村というか今日の巡礼路唯一の村、Lavacollaまで約10km、ノンストップで歩く。

時々、視界が開けるものの、霧が深すぎて、何も見えない。

P7015690.jpg

P7015692.jpg

そして寒い!

P7015698.jpg

でも、心地よい寒さ。

途中、こんなところをくぐって。

P7015701.jpg

また森の中へ。

P7015703.jpg

私たちのペースが遅いのか、ヒヨさんらはもう見えなくなっていた。

静まる森に響くのは足音のみ。

こういうところを歩くのも、今日が最後。

一歩一歩踏みしめながら歩く。

黙々と歩く巡礼者。

P7015711.jpg

そして、途中で見つけた石碑。

P7015712.jpg

サンテイアゴまで、あと13km。

そう、サンティアゴはもうすぐだった。

今日ゴールすることだってできる。

しかし私たちは、ヒヨさんと話したように、サンティアゴで毎日行われるミサに出席したかった。

歩き終えたその日に。

ミサの開始は12時。

その前に、巡礼事務所で巡礼証明書がほしい。

巡礼事務所が開くのは9時。

ということは、9時前にはサンティアゴに到着しなければならない。

なので今日は、ひとつ手前の、モンテドゴゾに泊まることにしたのだ。

出発して約1時間半。

このサインを過ぎて数分後、ようやく森を抜け、車道に出る。

P7015716.jpg

車道沿いのフェンスには、小枝で作られた十字架がいーっぱい。

P7015719.jpg

そして10分も歩くと、ラヴァコージャの飛行場が見えてきた。

P7015724.jpg

ゴォーという大きな音とともに、頭上に現れた飛行機。

P7015727.jpg

近い!

そして再び、木々の中を進む。

P7015729.jpg

この辺に来ると、霧はすっかり晴れ、太陽の光が差していた。

そんな暖かい日差しの中、颯爽と現れた馬乗り。

P7015730.jpg

かっこいい馬!

P7015731.jpg

9時半過ぎ、ラヴァコージャ到着。

「ここで休憩しよう。」

カフェに入り、カフェラテを注文。

P7015734.jpg

「すーさん、サンティアゴまで10km切ったね。」

「だね、あっという間だったね。」

各々、物思いにふける私たち。

と、カフェの先に目をやると、テントが貼ってあって、お土産のようなものが売っている。

P7015733.jpg

「私、ちょっと見てくるね。」

そう言って、テントへ。

テントの中には、巡礼グッズがいっぱい売っていた。

Tシャツ、コンチャ、アクセサリー・・・

しかもとても安い。

ということで、記念にランチョンマット2つ、コンチャ1つを購入。

その後、カフェで再びのんびりし、さあ、出発。

再び木々の間を進む。

P7015741.jpg

P7015747.jpg

天気が良く、とても気持ちが良い。

20分ほど進むと、アスファルトの道。

P7015749.jpg

住宅地の塀にあった、飾り?

P7015750.jpg

面白い。

のどかな風景の中を進む。

P7015754.jpg

こんな小道を通ったり。

P7015756.jpg

青空が眩しい。

P7015758.jpg

塀の上にネコ。

P7015759.jpg

木々の間を抜け、最後の大きな上り。

P7015764.jpg

P7015768.jpg

かわいいネコに癒され、住宅の中を進み。

P7015770.jpg

P7015771.jpg

12時半頃、モンテドゴゾ到着

P7015773.jpg

さっそくアルベルゲへ向かう。

P7015784.jpg

この両側に見えるのは、全てアルベルゲ。

P7015785.jpg

チェックインまで時間があったので、敷地内を歩いてみる。

奥まで行くと、ホテルのようなもの、そしてレストランがあった。

P7015787.jpg

アルベルゲのチェックイン受付前に戻り、バックパックを置き、しばし待つ。

P7015789.jpg

そして1時半、チェックイン。

「コンニ~チワー!」

かなりフレンドリーなお兄ちゃんに受付をしてもらい、部屋へ。

廊下には部屋がずらりと並んでいる。

この建物が敷地内にいくつもあるのだから、相当な数の巡礼者が泊まれるのだろう。

部屋の中は十分広く、窓も大きいので明るく気持ちがよかった。

P7015791.jpg

フレンドリーな受付のお兄ちゃんにスーパーがあるか聞くと、スーパーは無いけれど、小さな食料品店があるらしい。

早速買い出しへ。

その前に、モニュメントをぱちり。

P7015792.jpg

この、アルベルゲのすぐ近くにあるモニュメント、ヨハネパウロ2世が訪れた記念に建てられたものだそう。

さて、書いてもらった地図を片手に教えてもらったところに行くと、そこはバル。

バルの中に入ると、横の方にまたドアがあって、食料品がちょっと置いてあった。

トマト、玉ねぎ、バゲット、そしてワインを購入。

アルベルゲへ戻り、まずはシャワーを浴びる。

そして料理開始。

今日のランチは、野菜たっぷりのパスタ。

残っていたお米も炊いて。

白ワインとともに、いただきます!

P7015795.jpg

あー、おいしい。幸せ。

「これが、巡礼最後のランチだね。」

「そうだね~。」

いつものパスタなのに、巡礼最後となると、なんとなく切ない気持になる。

食べ終えた後、片付けをし、部屋に戻ってしばらくすると、部屋のドアが開いた。

入って来たのは、イネさんだった。

そして、カオンさんにヒヨさん、初めて見る韓国人の女の子。

「おー!!偶然!!同じ部屋なんだ!」

「久しぶりー!!」

「イネさん、元気だった??」

偶然にも、私たちは同じ部屋になった。

「ね、今夜一緒に作って食べようよ!」

「もちろん!」

「私たち、シャワーを浴びてくるから、そのあと買い出しに行こう。」

「うん、でもお店、すっごく小さいよ(笑)」

イネさんたちを待っている間、共有スペースに行くと、なにやら盛り上がる巡礼者たち。

どうやら今日は、有名なサッカーの試合らしく、スペインとイタリアが戦っていた。

サッカーに興味のない私は、部屋に戻り、すーさんはそのまま観戦。

30分くらいして、すーさんも部屋に戻り、みんなで買い出しへ。

バルに行くと、歓声が外に聞こえるほどの盛り上がり。

その盛り上がりを横目に、私たちはとりあえずワイン3本だけ買い、アルベルゲへ。

そして、みんなで料理。

と、そこで再会したのは日本人の女の子2人組。

「お久しぶりです!」

私よりも小さくかわいらしい彼女たちとは、2度ほどアルベルゲで出会っていた。

イネさんらとも仲の良い彼女らも、一緒に夜ごはんを食べることに。

夜ごはんのメニューは。

イネさん、カオンさんのガーリックたっぷりパスタ。ヒヨさんのスープ。

良く分からないけれど、ガーリックたっぷりの韓国料理のようなもの。

そしてワイン3本にビール大瓶(1.5リットル!)2本。

キッチンのテーブルに料理を並べ。

P7025808.jpg

「カミーノ最後の夜に、乾杯!!」

それから、夜中の1時まで・・!

食べて、飲んで、しゃべって、飲んで。

みんなで楽しく盛り上がり、巡礼最後の夜を終えた。

こちらは、宴会途中で撮った写真。

P7025809.jpg

すーさん以外の女性陣で。

あー、楽しかった!

歩き始めて39日目。

巡礼最後の夜は、前日までのセンチメンタルな思いとは裏腹に、あっという間に過ぎていった。

しんみり思い返すこともなく、楽しい気持ちのまま。

明日はいよいよ、サンティアゴ・デ・コンポステーラ!!


<本日の移動>

Arca~Monte do Gozo

約14.5km

約5時間


<本日のアルベルゲ>

Albergue de Monte do Gozo 5ユーロ

とっても広いアルベルゲ。1部屋には4つ二段ベッドが置いてあります。アルベルゲ全体は比較的清潔。ベッドはまあまあ清潔。キッチンは小さいけれど、調理器具は揃っています。
※2012年7月の情報


<本日使ったお金>

カフェラテ  1.3ユーロ
お土産    5ユーロ
アルベルゲ  5×2=10ユーロ
食料     8.7ユーロ

計      25ユーロ(1人12.5ユーロ)
10:00 | サンティアゴ巡礼 2012/05-07 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ごめんね、そして、ありがとう。 | top | Camino de Santiago サンティアゴ巡礼 38日目 2012年6月30日 2人は命の恩人・・

comments

#
ああ、もう最後なんだね。
こちらまで寂しくなってきちゃう。
巡礼の最後を締めくくるにふさわしく、霧に包まれた森の風景がとても素敵でした。
いろいろな国籍、年齢、バックグラウンドを背負った人たちがひとつのゴールを目指す共同意識。そして、神聖な気持ちで歩くということ。
巡礼の旅のよさが分かってきたような気がします。
歩いてもいないのに、リクエストしてしまったコンチャ。我が家の壁にかかっています。これを見るたびに、この旅の記録を思い出してしまいそう。

最後に、身内にまた一人大切な人を亡くしてしまったこと、心からお悔やみを申し上げます。
谷崎 聖子さん | 2013/10/21 23:33 | URL [編集] | page top↑
# Re: タイトルなし
聖子ちゃん、ありがとう。

そうそう、ようやく(笑)ブログでも巡礼が終わりそうです。
今思い返しても寂しい・・。
日記書いてたらまた歩きたくなっちゃうね。
全ての景色が、写真を見ると目の前に蘇ってきます。
コンチャ、飾ってもらえてうれしいです。
巡礼のゴールも、今週末にでもアップする予定なので、お楽しみ?に・・
いつも読んでくれてありがとね!
malikaさん | 2013/10/22 22:59 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://manouche337.blog45.fc2.com/tb.php/226-bbb1eccb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。