スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

Camino de Santiago サンティアゴ巡礼 36日目 2012年6月28日 プルポ!

6時半起床。

巡礼を始めて、初めて蒸し暑い夜を過ごした。

暑かった・・。

準備をして、朝食にチョコパンを食べる。

そして7時半頃出発。

巡礼路を15に区切った地図をガイドブックに貼りつけているのだが、今日からいよいよ最後の地図となった。

ガイドブックを作りながら、果たしてこのページを活用することはあるのだろうか、そんなことを思っていた日が懐かしい。

出発地、サンジャンピエドポーで最初の1ページ目を開いた時。

あの時からも、もう35日が過ぎていた。

そして今もなお、この場所に立っていることが現実のことではないような気がしていた。

700kmも歩いたのに、身体は確かに疲れているのに、地図をみてもいまいちピンとこなかった。

アルベルゲの近くにあった、ヤコブの像。

P6285384.jpg

町の外れにあった、これ。

P6285386.jpg

これはガリシア州に入ってよく目にする、オレオというもの。

この地方特有の、高床式保管庫だ。

町を出ると、車道沿いに歩く。

P6285387.jpg

P6285388.jpg

そして林の中へ。

P6285389.jpg

昨夜は蒸し暑かったのに、今日はとても涼しい。

P6285392.jpg

林を抜けると、1つ目の村。

P6285395.jpg

途中、アルベルゲの前に椅子があったので、そこでしばし休憩をする。

チョコパンで糖分補給。

十字架や教会を見ながら村を通り抜ける。

P6285396.jpg

P6285398.jpg

P6285399.jpg

巡礼路は、再び林の中へ。

P6285402.jpg

林の中を1時間20分ほど進むと、次の村が見えてきた。

P6285405.jpg

P6285407.jpg

P6285409.jpg

コンチャでできた、かわいらしいサイン。

P6285410.jpg

巡礼者以外誰もいない村を進む。

P6285411.jpg

教会を過ぎ、小さな橋を渡る。

P6285415.jpg

P6285416.jpg

そして20分も歩くと、開けた場所に出る。

P6285420.jpg

左手には、工場のようなものが並び、右手には車道。

そして、巡礼のシンボルの赤い十字架。

P6285425.jpg

再び林を抜けると、4つのアーチの中世の橋が現れる。

P6285434.jpg

P6285436.jpg

橋を渡ると、次の村。

P6285437.jpg

P6285438.jpg

巡礼の村らしい看板があったり。

P6285440.jpg

バルのサインなのに、食べるなって読めるサインがあったり。

P6285441.jpg

石畳の道を進むと、今日の目的地、メリデに到着。

P6285443.jpg

メリデも、思ったより大きな町だった。

サンティアゴまで、あと51kmのサイン。

P6285444.jpg

アルベルゲはこちら。

P6285446.jpg

でもこれは私営のアルベルゲ。

私たちは公営のアルベルゲへ。

11時半には到着。

アルベルゲの前にはすでに列ができていた。

オープンまで時間があるので、バックパックを置いて、ここ最近ずーっと楽しみにしていたプルポを食べに!

今日は曇っていて、しかも15kmしか歩かなかったので、あまり疲れていなかった。

足取り軽く、プルポのお店へ向かう。

プルポとは、スペイン語でタコ。

ここ、メリデは、ガリシア地方の名物、Pulpo a la feiraを出すお店が多い。

ドイツ人のリンダも、前回の巡礼で食べたらしく、メリデに行ったら絶対に食べてみて!と言っていた。

なので、この数日とても楽しみにしていたのだ。

このプルポのために、この町で1泊することにしたと言っても過言ではない。

数軒、プルポを出すお店があったが、一番有名だと言う、「Pulperia Ezequiel」というお店に入ってみる。

お店は、巡礼者でいっぱいだった。

そしてなんと、その中に、リンダとギヨーム発見!

「リンダー!」

「あら、元気??おいしいわよ~、タコ!」

私たちも、別のテーブルに座り、プルポを注文。

出てきたのはこちら。

P6285449.jpg

茹でたてのタコに、オリーブオイルとパプリカがかかっている。

そして、陶器のお椀に入った白ワインと一緒にいただく。

P6285451.jpg

とてもシンプルな料理なのに、うまい!!

幸せ・・・。

夢中で食べていると、リンダとギヨームが私たちのテーブルにやって来た。

どうやら2人は、今日はこの町には泊まらず、もう少し歩くと言う。

「そっかー、じゃ、もしかしたらもう会えないかもね・・。」

「ドイツに来ることがあれば、連絡して!」

記念に、リンダとギヨームと写真を。

P6285453_201310070903574e9.jpg

「じゃあ、ブエンカミーノ!!」

笑顔で2人は店を出ていった。

またいつか会えるといいな~。

プルポにも、リンダらとの再会にも満足した私たちは、アルベルゲへ。

アルベルゲへ戻ると、巡礼者が50人くらい並んでいた。

アルベルゲがオープンし、チェックイン。

このアルベルゲは、大きかった。

部屋にいくつもの二段ベッドが並んでいる。

P6295481.jpg

近年改装したようで、きれいで清潔だった。

早速、シャワーを浴びにシャワー室へ。

ここのシャワー室も、しきりがないオープンな感じのところだった。

その代わり?、とても熱いお湯が出た。

今までシャワーの水の温度のことについて全然日記に書いていなかったのに、こう書いているということは、久しぶりに温水のシャワーが浴びれたのかもしれない。。

ま、巡礼中は、たいてい、歩いた後すぐにシャワーを浴びるから、ぬるくてもオッケーなのだけど。

シャワーの後は洗濯をし、部屋に戻り、少し休憩。

そして買い出しをしにスーパーへ。

オレンジや水などを購入。

帰り道、噴水のあるところに座ってオレンジを食べていると。

遠くに見えるのは、ここ最近全然会わなかった、ニューヨーク在住の韓国人の親子、リーさんだ。

「お久しぶりです!元気ですか?」

リーさん親子と少し話し、一緒にオレンジを食べる。

リーさんも同じアルベルゲに泊まると言うので、一緒にアルベルゲへ。

その後、シエスタをする。

そして6時くらいに、夕食を食べに外へ。

今日のお昼はタコだけだったので、ちょっと栄養をつけようということになったのだ。

レストランを探していると、大きな教会を発見。

P6285456.jpg

中に入ってみる。

小さな礼拝堂。

P6285458.jpg

ドアのステンドグラスが美しい。

P6285459.jpg

そして豪華な祭壇。

P6285461.jpg

椅子に座ってお祈りを。

帰り際、入り口のポスターに、今日の8時半から教会で無料のコンサートがあると書いてあるのを見た私たちは、また後で戻ってくることに。

教会近くにレストランがあったので、そこに入ってみる。

さて、レストランで注文したのは、いつものセットメニュー。

前菜の、スープと、ハムの盛り合わせ。

P6295467.jpg

P6295469.jpg

メインは、カツレツとポークのグリル。

P6295473.jpg

デザートは、タルタデサンティアゴにヨーグルト。

メインのカツレツが、冷凍ぽい感じはしたけれど、なかなかおいしかった。

一旦アルベルゲへ戻ると、ヒヨさんと遭遇!

「ここに泊まってたんだ!8時半から教会でコンサートがあるらしいけど、一緒にどう?」

こうして、ヒヨさんと3人で教会へ。

教会には溢れるほど人が入っていた。

P6295477.jpg

そしてコンサート開始。

と思ったら、どうやらこれは、幼稚園か小学校の音楽の発表会のよう。

小さな子供がヴァイオリンを弾き、それを親たちが熱心にビデオを撮っている。

かわいいのだけど、なんだか思っていたのと違うな・・。

そう思った私たちは、30分くらいで教会を後に。

アルベルゲへ戻り、9時半頃就寝。

今日は、比較的快適に歩けた上、おいしいプルポも食べれて幸せだったな~。

リンダとも会えたし。

サンティアゴ・デ・コンポステーラまであと約50km。

その50kmを4日に分けて歩く。

この先、へとへとになって歩くことはもうないだろう。

あとは、ただ、残りの道のりを楽しむだけ。

のんびり、1歩1歩をかみしめながら、聖地へ向かおう。




<本日の移動>

Palas de Rei~Melide

約15km

約4時間


<本日のアルベルゲ>

Albergue de Melide 5ユーロ

近年リノベーションされたようで、キレイで清潔でした。シャワーも熱いお湯がいっぱい出ました。おそらくキッチンはあると思います。
※2012年6月の情報


<本日使ったお金>

プルポとワイン  8ユーロ
アルベルゲ    5×2=10ユーロ
スーパー     1.5ユーロ
夕食       9×2=18ユーロ

計        37.5ユーロ(1人18.75ユーロ)
10:00 | サンティアゴ巡礼 2012/05-07 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Camino de Santiago サンティアゴ巡礼 37日目 2012年6月29日 台無しになった焼きそば | top | いろいろ

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://manouche337.blog45.fc2.com/tb.php/220-c9dd6dd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。