スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

Camino de Santiago サンティアゴ巡礼 35日目 2012年6月27日 穏やかな1日

5時半に目が覚める。

ごろごろして、6時起床。

朝ごはんは、昨日の残りのサラダ。

準備をし、6時40分頃出発。

外に出ると、小雨が降っていた。

そして雷も。

カメラをバックパックに入れ、ザックカバーを被せる。

町を出て、橋を渡り、山の方へと歩く。

雨が降っているせいで、気温が低く、歩きやすい。

上りが続くが、足取りは軽い。

1時間半ほど歩くと、1つ目の村が見えてきた。

ここで休憩。

菓子パンを食べてしばしくつろぐ。

雨はもう止んでいた。

バックパックからカメラを取り出し、さあ、出発。

村を抜けると、アスファルトの道。

P6275314.jpg

いつものように牛もいたり。

P6275317.jpg

ゆるやかな上りが続く。

P6275318.jpg

軽かった足取りも、この辺から少し重くなってきた。

P6275320.jpg

再び大きな車道沿いに出る。

P6275322.jpg

時には、木々の間を歩いたり。

P6275323.jpg

P6275326.jpg

永遠と続くアスファルトの道。

P6275329.jpg

時々目にする美しい花が癒し。

P6275331.jpg

先ほど休憩してから2時間近く経ったとき、休憩するのにちょうどよい場所を発見。

シートを敷いて寝転がる。

トレッキングシューズを脱いで、足をマッサージ。

ここで少しシエスタ休憩。

30分くらい休憩して、再び歩き出す。

今日の目的地、Palas de Reiまではあと約8km。

のどかな村を通り、麦畑の方へと道は続く。

P6275332.jpg

P6275333.jpg

P6275334.jpg

P6275336.jpg

P6275339.jpg

そして再びアスファルトの道。

P6275340.jpg

さっきまで空を覆っていた雲もすっかりなくなり、日差しが強くなってきた。

アップダウンのある車道沿いの道は、一番きつい。

P6275342.jpg

何も考えず、ひたすら進む。

次の村の入り口に、おもしろいオブジェを発見。

P6275343.jpg

あまりにも喉が渇いていたので、この村でジュース休憩。

販売機でコーラを買う。

疲れた体に炭酸はうまい!

スーパーで買えば安いのに、1.6ユーロの贅沢をしてしまった・・。

でも、やっぱ冷たい飲み物はおいしいー。

少し贅沢な?休憩を終えると、木陰を進む。

P6275344.jpg

12時半頃、ようやく目指す町が見えてきた。

P6275347.jpg

しかしここはまだ入り口。

ここから中心までは1km以上ある。

かなり疲れていた私。

近くにアルベルゲを発見したが、周りには何もない。

やっぱりもう少し頑張って、町中のアルベルゲに泊まろう・・。

最後の力を振り絞り、20分ほど進むと、町の中心が見えてきた。

P6275348.jpg

P6275350.jpg

やった、やっと着いた・・!

パラスデレイは、思ったよりも大きな町だった。

レストランやバル、あと、大好きなスーパー、エロスキも発見!

田舎の方が好きと思っていても、やはりスーパーを見つけるとうれしくなる。

この町にはいくつもアルベルゲがあったが、とりあえず、ガイドブックにメモっていたアルベルゲへ行ってみる。

そのアルベルゲは、1階がバルになっていた。

バルの店員が受付をしてくれる。

部屋はこんな感じで、広々としている。

P6285383.jpg

本日のベッドはこちら。

P6285358.jpg

早速シャワーを浴び、洗濯をする。

そしてスーパーへ。

昨日のスーパーとは違い、さすがチェーン店は品揃えがよい。

すーさんは、今日はビールが飲みたいと、ビール売り場へ直行。

私は、フルーツ売り場を物色。

おいしそうなスイカを発見したので買うことに。

あとは野菜などを買って、アルベルゲへ。

今日のランチはサラダ。

アルベルゲのキッチンは狭く、調理器具もあまりなかったが、サラダなら簡単でよい。

ランチといっても、食べる頃にはもう3時になっていた。

ボウルもなく、大きめの食器がなかったので、鍋入りサラダ(笑)

P6275351.jpg

バゲット、焼いたチョリソー、そしてビールとともにいただきます。

P6275352.jpg

うん、うまい!

今まで、サラダって好きでも嫌いでもなかったのだけど、サラダとバゲットとワイン、そしてオリーブがあれば、それは最高の食事になった。

ま、今日はビールだけど。

スタイルによるけれど、巡礼中、グルメとワインを楽しむ人ってたくさんいると思う。

バルがある町ではタパスを楽しみ、ワインが有名な地方ではワインを楽しむ。

そして、たまには豪華なパラドールに泊まる。

気に入った町では数泊してみたり。

本来の巡礼とはだいぶ違ってきているのかもしれないけれど、きっとこれが現代の巡礼のカタチの一つなのだと思う。

私も、60過ぎて歩くことがあれば、そういう巡礼もちょっと体験してみたいな~。

今の私たちの贅沢は、レストランで1000円のランチを食べることだからね。。

ビールやワインが贅沢ぽいけど、ビールは50円で買えるし、ワインも200円くらい。

アルコール好きの人にはスペインは天国だ。

さて、本日のデザートはスイカ。

P6275353.jpg

甘くてとてもおいしかった。

食事を楽しんだ後は、片付けをして、少し休憩。

1階のバルでインターネットをしたり。

P6285381.jpg

そして7時ごろ夕食を作り始める。

ランチを食べて3時間しか経ってないけど、食べないとね。

ごはんを炊き、チョリソーとニンニク、そしてオリーブを炒める。

すーさんは再びビール、私はレモネードで乾杯。

P6285361.jpg

夕食後は、町を散歩。

地面には巡礼路のサイン。

P6285371.jpg

ロマネスク様式のサン・ティルソ教会。

P6285376.jpg

行ったときはちょうどミサが行われていたので、外で少し待つ。

P6285372.jpg

P6285375.jpg

ミサが終わったところで、中に入ってみる。

P6285373.jpg

椅子に座り、残り5日の旅の無事を祈る。

その後、アルベルゲに戻り、外のテーブルに座り、インターネットをしたりして過ごす。

P6285379.jpg

そして11時頃就寝。

今日は穏やかな1日だった。

残り5日も穏やかに歩けますように。

おやすみなさい。


<本日の移動>

Portomarin~Palas de Rei

約25km


<本日のアルベルゲ>

Albergue Buen Camino 10ユーロ

バルが1階にあり、2階からがアルベルゲになっています。なかなかきれいで清潔。キッチンは狭かったです。
※2012年6月の情報


<本日使ったお金>

コーラ   1.6ユーロ
アルベルゲ 10×2=20ユーロ
スーパー  11ユーロ

計     32.6ユーロ(1人16.3ユーロ)





10:00 | サンティアゴ巡礼 2012/05-07 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
遅ればせながら・・・ | top | Camino de Santiago サンティアゴ巡礼 34日目 2012年6月26日 再びチキン

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://manouche337.blog45.fc2.com/tb.php/219-63cd945d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。