スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

Camino de Santiago サンティアゴ巡礼 33日目 2012年6月25日 今日も山道を行く

6時起床。

準備をして朝ごはん。

昨日買った、レモンケーキにオレンジジュース。

6時40分頃出発。

P6255048.jpg

村を抜けると、霧が。

P6255051.jpg

村を出たところが巡礼路の分岐点。

ガイドブックによると、左の道は川沿いに歩く心和む道らしい。

そして、右は見晴らしのよいアップダウンのある道。

左の道が約21km、右の道が約18kmだという。

前を行く巡礼者を見ていると、右側に行く人が多い。

アップダウンがあっても、見晴らしがよい方が楽しいかもね!

と言い合い、結局右側の道を進むことにした。

しばらくアスファルトの道が続く。

P6255053.jpg

途中から砂利道に。

そして数軒の民家が。最初の村かな。

P6255061.jpg

かわいらしい小さな村。

P6255063.jpg

ニワトリも歩いてたりして、こっちの道も結構和む。

P6255071.jpg

村を抜けると、巡礼路は山の中へと続く。

P6255075.jpg

静まり返った山の中を20分ほど進むと、左手の方に数名の巡礼者が集まっていた。

近づいてみると、巡礼のシンボル、コンチャ(ホタテ貝)が。

P6255079.jpg

どうやら、手前にある貯水槽?の水面に映る逆さコンチャを写真に収めているらしい。

P6255080.jpg

確かにキレイ。そしてみんな楽しそう!

私たちも順番を待って写真を撮る。

写真と言えばで、昨日のおじさんを思い出す。

きっと無事今日もどこかを歩いてるよね・・?

ひとしきり写真を楽しみ、少し歩くと次の村。

P6255090.jpg

村を過ぎると、再び雄大な景色が広がる。

P6255098.jpg

巡礼中、美しい景色を見、何度生きていてよかったと思ったことだろう。

たった景色だけで・・と思うけれど、やはり自然の美しさって、そう思わせる力がある。

P6255099.jpg

しばらくアスファルトの道が続き、次第に砂利道へと変わる。

P6255100.jpg

P6255105.jpg

アップダウンの続く道を進む。

P6255106.jpg

P6255110.jpg

P6255115.jpg

先ほどの村から約1時間で次の村。

P6255118.jpg

今日はまだまだ元気がある。もう少し進んでから休憩しよう。

村を抜けると、またこの美しい景色。

P6255120.jpg

P6255124.jpg

そして山の中へ。

P6255128.jpg

木のトンネルを抜けると、再び小さな村。

P6255131.jpg

ここで少し休憩。

P6255135.jpg

今日は休憩なしで10kmちょい歩いていた。

目的地まで、あと約8km。

残っていたレモンケーキとクッキーを食べる。

20分ほどして出発。

村を抜け、細い道を歩き、小さな車道沿いの砂利道を進む。

P6255138.jpg

P6255140.jpg

P6255145.jpg

今日はいつもより湿気があり、暑い。

いつもカラッとしているので、あまり汗はかかないのだけど、今日は汗ばむ暑さ。

40分ほど歩くと、次の村。

P6255148.jpg

車道を少し歩き、山の方へ。アップダウンが続く。

P6255150.jpg

P6255151.jpg

そして牛。

P6255154.jpg

再び車道沿いをしばらく歩くと、今日の目的地、Sarria到着!

P6255157.jpg

P6255158.jpg

比較的大きめの町なので、中心までが遠い。

最後の気力を振り絞り、階段を上る。

P6255160.jpg

12時頃、アルベルゲに到着。

アルベルゲの前には、昨日も見た高校生グループが日光浴を楽しみながら列を作っていた。

アルベルゲがオープンするまでしばらく待つ。

12時半にアルベルゲがオープンしたのだが、オスピタレロのおじいさんがすごいマイペースで(笑)、8番目に並んでいたのにチェックインできたのは1時過ぎだった。

部屋にバックパックを置き、すぐにシャワー。

シャワー室に行くと、すでにスペイン人の高校生の女の子たちが順番待ちをしていた。

私も並ぶ。

それにしても、彼女たち、高校生なのに、私よりもずーっと大人っぽい(笑)

ようやくシャワーを浴び、洗濯をし、部屋へ。

この変なアングルの写真は、部屋のテラスから撮ったもの。

P6265196.jpg

おなかが空いたのでランチにしよう。

キッチンをチェックしてみたけれど、ここには調理器具が全くなかった。

先ほどの高校生グループが料理をしているので、聞いてみると、なんと調理器具をバックパックに入れて持ち歩いているそう。

すごい!

「そっか、その手があったか!次の巡礼のときはキャンプセットを持ってこよう。」

と、すーさん。

確かに、自炊をすれば、1回の外食の半分の出費で3食を賄えるくらい節約できる。

いやー、でも次回は朝食をバルで取る、少し優雅な?巡礼にしたいわ、私。

というわけで、外に出てレストランを探す。

教会の前の壁に描かれていた巡礼者。

P6255161.jpg

どうやら今日は何かの祭りがあるらしく、少しだけ通りが飾られていた。

P6255163.jpg

中心の通りには数軒、バルやカフェ、レストランがあった。

値段の安さに惹かれて、あるレストランに入って見る。

1皿目は、イカのフリットと、ペンネ。

P6255168.jpg

P6255169.jpg

お味はまあまあ。

2皿目は、ポークとビーフのグリル。

P6255170.jpg

P6255173.jpg

写真を撮るのを忘れていたけれど、デザートはパイナップルとアイス。

そしてもちろんワインも。

やっぱり他と比べて安いだけあって、全体的にまあまあだった。

昨日のレストランがおいしすぎたから、そう感じたのかも。

ランチのあとは、アルベルゲに戻ってシエスタ。

こちらがアルベルゲ。

P6255164.jpg

1時間くらいして、再び外へ。

通りを歩いていると、カフェに見覚えのある顔。

日本語がぺらぺらの韓国人、ヒヨさんだった。

「久しぶりー!」

どうやら、イネさんもカオンさんも先に行っているらしい。

以前からずっと先に行っていた、キムタク好きのミンさんは、なんともうサンティアゴに着いたという。

すごいスピード・・!

コーヒーとビールを注文し、しばらくヒヨさんと話す。

1時間くらいして、ヒヨさんと分かれ、町をぶらぶら。

出店が大きな通りにずらーっと並ぶ。

P6255177.jpg

ほとんどが、南米系の方が出している雑貨屋さんだった。

そして再びカフェのあった通りに戻ると、遠くから音楽が聞こえてきた。

やってきたのはバンドのみなさん。

P6265181.jpg

P6265182.jpg

そして、大きなマスクを被った人たちが。

アジア人が珍しいのか、止まってポーズをとってくれる。

P6265185.jpg

そして、やはり出ました、この、祈るポーズ。

P6265187.jpg

なんか、外国に行くと、結構されるのはなぜだろう。

特にチュニジアにいた時、毎日すれ違う人に祈られたなぁ・・・。

しかも、初級のアラビア語の教科書に出てきた日本人が、こんにちはと言いながらこの祈るポーズをしていた・・。

ま、でも、祭りというのは楽しいもの!

一通り行進が終わると、通りはまた静かになった。

アルベルゲへ戻り、少し休憩。

さあ、夜ごはんはどうしよう。

とりあえず通りに出て歩いていると、あるバルの中に、ヒヨさんとまさこさん発見。

夜ごはんを食べていた彼女たち。

私たちもここで食べることに。

といっても、おなかは空いていなかったので、セットメニューを1つだけ注文。

あと、まさこさんらが飲んでいた、強いお酒、オルホを注文。

オルホはガリシア地方のお酒で、アルコール度数40度。

手前、水のグラスの横に写っている、小さなショットグラスに入っている黄色いものがオルホ。

P6265193.jpg

飲んでみると・・強いけどおいしい!!

すーさんは苦手らしいので、私が1人でいただく。

なぜかセットメニューのメインを撮り忘れたのだけど、卵料理だった。

あ、写っているワインは、セットメニューについているもの。

1人でも1本!

そしてデザートはアイス。

まさこさんとヒヨさんと別れ、8時半頃アルベルゲへ。

そして9時過ぎには就寝。

と思ったのだけど!!

10時くらいから聞こえてきた、大音量の歌。

どうやらコンサートが始まったらしい。

うるさい・・・。

耳栓をしているのに聞こえてくるロック。

近所迷惑とか騒音問題とか・・スペインには無いのかも?

ああぁ、早くコンサートが終わりますように。

おやすみなさい・・。



<本日の移動>

Triacastela~Sarria

約19km

約5時間半


<本日のアルベルゲ>

Albergue de Peregrinos de Sarria 5ユーロ

そんなに新しくないけれど、清潔。私が泊まった部屋にはテラスがついていました。キッチンには調理器具や食器はなかったです。
※2012年6月の情報


<本日使ったお金>

アルベルゲ  5×2=10ユーロ
ランチ    8.5×2=17ユーロ
カフェ    2.2ユーロ
夕食     10.8ユーロ

計      40ユーロ(1人20ユーロ)
10:00 | サンティアゴ巡礼 2012/05-07 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Camino de Santiago サンティアゴ巡礼 34日目 2012年6月26日 再びチキン | top | Camino de Santiago サンティアゴ巡礼 32日目 2012年6月24日 おじさんの怪我

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://manouche337.blog45.fc2.com/tb.php/215-fe955893
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。