スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

Camino de Santiago サンティアゴ巡礼 31日目 2012年6月23日 美しい山道

6時半起床。

今日はとっても良く眠れた。

身体の調子もいい感じ。

朝ごはんに、チョコパン、モモを食べる。

7時半頃出発。

P6234681.jpg

外に出ると・・さ、寒い!

でも、ウィンドブレーカーを着れば、心地よい空気の冷たさ。

高低差のある紙を見ると、今日はずっと上り。

巡礼最後の大きな上りだ。

今日目指すのは、約13km先にある村、O Cebreiro。

13km、急な上りが続くらしい。

今いるのが標高約600mで、オ・セブレイロは約1300m。

数字で見ても良く分からないけれど、きつい道のりになるかもしれない。

村を抜けると、そのままアスファルトの道が続く。

P6234682.jpg

木々に囲まれ、小川が流れるのどかな景色だ。

30分も歩くと、次の村。

P6234686.jpg

村を過ぎると、次第にゆるやかな上りが始まる。

P6234689.jpg

緑の中を抜け、しばらくすると次の村。

P6234693.jpg

この村を過ぎたところから、本格的な上りが始まる。

P6234697.jpg

斜面には牛。

P6234699.jpg

山の方へと続く道。

P6234702.jpg

しばらく歩いていると、地面に黄色いサイン発見。

左が徒歩。そして右側が自転車。

P6234706.jpg

徒歩用の道は山の方へと入って行き、自転車用の道はアスファルトが続く。

P6234707.jpg

木々が生い茂る道はひんやりとしている。

P6234709.jpg

空気がおいしい。

P6234718.jpg

上りが続く。

P6234727.jpg

結構きつい。

急な上りを30分ほど行くと、次の村。

P6234732.jpg

ここで少し休憩。糖分と水分を補給。

P6234741.jpg

20分ほどして、さあ出発。

朝、出発した時は寒かったけれど、少しずつ暖かくなってきた。

途中、サイン発見。

P6234743.jpg

セブレイロまで・・4km・・・え、4km?!

いや、絶対まだ9kmも歩いてないよね~。

村を過ぎると、再び山道が始まる。

P6234745.jpg

かわいらしい植物が生えていたり。

P6234753.jpg

ごつごつした石のある、少し歩きにくい道が続く。

P6234756.jpg

ゆるやかではあるが、永遠と続く上りを歩くのはかなり疲れる。

P6234760.jpg

P6234763.jpg

しかし、とにかく景色がよい。

P6234766.jpg

この美しい景色のおかげで、気持ち良く歩けるのだ。

こういう道を歩きたかった。

アスファルトはもう歩きたくない。。

次第に増えていく黄色い花。

P6234767.jpg

P6234771.jpg

きれい!

P6234773.jpg

さきほどの村を出て1時間が経過していた。

そろそろ休憩したい。

と思いながら進んでいると、左の方に休憩できそうな場所を発見。

山の斜面に銀色のシートを敷く。

P6234777.jpg

目の前には山々が見え、寝転がるととても気持ちがいい。

あー幸せ。

「あら、こんにちは!良い場所を見つけましたね!」

道の方を振り返ると、一昨日出会った、日本人のご夫婦だった。

「はい!しばらく休憩していきます。ブエンカミーノ!」

すーさんは眠り、私は本を取り出した。

唯一持ってきたこの本、何度繰り返し読んでいることだろう。

こんな美しい景色の中で読書ができるなんて、なんという贅沢。

日本の日常生活にはない、些細だけれど心を穏やかにしてくれるコトやモノが、巡礼にはいっぱい詰まっていた。

30分ほどのんびりし、出発。

少し歩いたところでサイン発見。

P6234789.jpg

サンティアゴまで161km。

相変わらず続く美しい景色を堪能しながら、ゆっくり進む。

P6234793.jpg

P6234804.jpg

と、右の方に石碑発見。

『GALICIA』と書いてある。

P6234807.jpg

そう、ここは、Castilla y Leon州と、ガリシア州の境目。

いよいよ、巡礼最後の州、ガリシア州に入るのだ。

ガリシア州に入り、20分も進むと、今日の目的地、オ・セブレイロが見えてきた。

P6234814.jpg

P6234816.jpg

休憩の巡礼者。

P6234817.jpg

小さなこの村は、住人が30人ほど。

家も全て石で出来ていて、とってもかわいらしい。

P6234821.jpg

今までも、好きな雰囲気の村はあったが、この村は、巡礼中に出会った村々のなかでベスト3に入る、私好みの村だった。

村の外れにあるアルベルゲに行ってみると、5、6名の巡礼者が開くのを待っていた。

あの、日本人のご夫婦もいた。

アルベルゲが開くのは1時らしい。

今は12時過ぎ。まだまだ時間がある。

バックパックを置いて、村を散策。

散策といっても、15分もあれば一周できるくらいの大きさのこの村。

のんびりくつろぐネコ。

P6234823.jpg

お土産屋さんがあったので、入ってみたり。

そしてこの建物。

P6234833.jpg

これは、この地方に独特の、パジョーサと呼ばれる円形石造りの藁葺き屋根の家屋。

ここにもネコ。

P6234834.jpg

めずらしく、木でできているお家。古い農機具のようなものも置いてある。

P6234848.jpg

洗濯物でさえも、なんだか絵になる。

P6234839.jpg

教会もあったのだが、チェックイン後に戻ってくることに。

1時前になったので、アルベルゲへ戻りチェックイン。

こちらがお部屋。

P6234837.jpg

こういうベッドの配置って、1人の場合、横にくっついているベッドに見知らぬ人が眠るので、なんとなく気まずそう・・。

と思ったら、オスピタレロは、二段ベッド1つに2人組みを配置するので、結局隣が見知らぬ人に。

しかし、ちょうどぴったりくっついている横のベッドの上下が、日本人のご夫婦だったので、話して、上2つに私たちが寝ることになった。

さ、荷物を置いたらランチ。

今日はレストランで食べることにした。

ここ1週間はずっと自炊だったから、レオン以来の久々の外食。

私は、ここ、オ・セブレイロで食べたいものがあった。

作ったガイドブックに記していた、郷土料理「カルド・ガジェコ」だ。

入ったレストランには、ちょうど1皿目のチョイスにそれがあった。

P6234840.jpg

カルド・ガジェコとは、じゃがいもが入った野菜スープ。

野菜をじっくり煮込んだ、とても優しいお味のするスープだった。

すーさんの1皿目はペンネ。ボリューム満点でうまい。

P6234841.jpg

2皿目は、ビーフのグリルと魚のフライ。

P6234843.jpg

P6234844.jpg

もちろん、ワインと一緒に。

デザートは、フランとタルタ・デ・サンティアゴ。

P6234847.jpg

タルタ・デ・サンティアゴは、アーモンドが入った焼き菓子で、甘さがちょうどよく、とってもおいしかった。

名前にサンティアゴってあるのも惹かれた理由。

お味もボリュームもすべてに満足!!

ごちそさまでした。

ランチのあとは、小さなお店でジュースとオレンジを買い、アルベルゲへ。

シャワーを浴び、洗濯をする。

このアルベルゲのシャワーは、久々に、シャワーカーテンもドアもない、前を通る人には丸見えのシャワーだった。

ま、でも、横のシャワーとの仕切りがあるだけよいかも。

シャワーの後は部屋に戻り、しばしシエスタ。

そして7時頃、散歩へ。

教会へ行ってみる。

P6244855.jpg

この、サンタマリアラレアル教会は、巡礼路で一番古い教会。

その歴史は、9世紀にさかのぼるという。

中ではちょうどミサが行われていた。

ミサが終わり、中に入ってみる。

P6244858.jpg

しばらく座り、これまで何事もなく歩けたことに感謝し、旅の無事を祈る。

P6234827.jpg

8時頃アルベルゲへ戻り、軽めの夕食を。

キッチンには、調理器具も、食器もほとんどなかった。

コンロなどの設備は整っているのに。

小さな鍋1つを使って、米を炊き、チョリソーとオリーブ、そしてニンニクを炒める。

油がなかったので、焦げ付いているけれど・・とってもおいしかった。

P6244863.jpg

デザートにオレンジを食べ、9時半頃に就寝。

今日は天気も良かったし、景色も最高だった。

上りばかりで疲れたけれど、やはり心は穏やかだ。

オ・セブレイロの村もとても気に入った。

またいつかここに戻ってきたい。

さ、明日は少し上ると、あとは下りが続く。

また美しい景色が見られますように。



<本日の移動>

Vega de Valcarce~O Cebreiro

約13km

約4時間半


<本日のアルベルゲ>

Albergue de O Cebreiro 5ユーロ

大きいアルベルゲ。施設は新しく、清潔。キッチンはあるけれど、調理器具がとても少なく、食器がありませんでした。
※2012年6月の情報


<本日使ったお金>

アルベルゲ     5×2=10ユーロ
ランチ       9×2=18ユーロ
ジュースとオレンジ 2ユーロ

計30ユーロ(1人15ユーロ)
10:00 | サンティアゴ巡礼 2012/05-07 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Camino de Santiago サンティアゴ巡礼 32日目 2012年6月24日 おじさんの怪我 | top | español

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://manouche337.blog45.fc2.com/tb.php/213-cac306bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。