スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

Camino de Santiago サンティアゴ巡礼 30日目 2012年6月22日 あっという間の30日

7時起床。

こちらが泊まった部屋。

P6224615_201308131750532e9.jpg

テラスに出ると、朝の空気がおいしい。

他の巡礼者はほとんどもう出発していた。

今日はゆっくり出発する私たち。

すーさんがちゃんとした朝ごはんを久しぶりに食べたいと言うので、朝からお米を炊く(すーさんが)。

ごはん、サーディーンのトマト煮の缶詰め、ツナ、チョリソー、そして卵スープ。

P6224618.jpg

朝からお米を食べるのは、巡礼中はじめて。

かなり満腹になり、8時15分頃出発。

アルベルゲの外観。

P6224621.jpg

アルベルゲの近くにある細い道を下り、町の中心へ向かって歩く。

P6224622.jpg

そして橋を渡る。

P6224625.jpg

橋の手前にある歩道の手すりはコンチャの形。

P6214600.jpg

橋を渡ると、建物が次第に少なくなり、山の方へと入って行く。

P6224628.jpg

しばらくすると、少し大きい車道沿いに出る。

P6224629.jpg

なんだか・・身体が重い気がする。

やっぱり朝は果物だけがいいかも。。

車道脇を1時間近く歩くと、巡礼路は右へ。

P6224633.jpg

そこから10分も歩けば1つ目の村。

ここにもネコ。

P6224636.jpg

村を出て少し歩いたところに、休憩できそうなところを発見。

P6224638.jpg

一面芝で、寝転がったら気持ちよさそうなところだ。

P6224640.jpg

早速銀色のシートを敷いて休憩。

相変わらず身体が重い。

今日は、ずっとアスファルトの道が続くのかな・・・。

20分ほどして、再び歩き出す。

やはりアスファルトの道。

P6224642.jpg

でも、山が見えるだけ、いいかもしれない。

途中、面白い標識発見。

巡礼者に注意?

P6224645.jpg

15分ほど行くと、また車道から逸れる。

P6224647.jpg

緑の間を進むと、次の村が見えてきた。

P6224649.jpg

P6224650.jpg

日向ぼっこをする、かわいいネコ発見。

P6224652.jpg

こちらにも。

P6224653.jpg

のどかな村の風景。

P6224654.jpg

村から15分ほど歩くと、道路の下をくぐる。

道路の支柱の前で、巡礼者と思われる男性が、自分の作ったアートを売っていた。

P6224657.jpg

巡礼費の足しにするのかな?

再び車道脇を進む。

P6224659.jpg

思ったっ通り、今日はほぼアスファルトの道だ。

身体も重いし、疲れるなぁ。

10分ほど行くと、何やら建物が見えてきた。

P6224661.jpg

どうやらホテルのよう。

ホテルを横目に、巡礼路は左の方へ続く。

ヤコブの像発見。

P6224662.jpg

ロンセスバージェスから559km、サンティアゴまで190kmとある。

このサインが正しければ、フランスのサンジャンからロンセスバージェスまで約27kmだから、今まで586km歩いたことになる。

586km。

すごい距離のような気もするけど、そうでもない気もする。

自分ではすごい距離を歩いたという実感が全くなかった。

アルベルゲに着き、ビーサンに履き替えると、歩くのが辛いくらい足が痛かった、最初の約20日。

でも、翌日、トレッキングシューズを履くと、不思議と足の痛みは消え、軽快に歩けた。

喉元過ぎれば・・じゃないけれど、新しい1日が始まると、歩くぞ!っていう気持ちになった。

6kmしか歩けない日もあったけど、あー、今日は全然歩きたくないな、面倒だな・・と思った日は1度も無かった。

クリスチャンでも、何かの想いを背負って歩いているわけでもないのに、歩くのを辞めようと思わせないのが、サンティアゴ巡礼のすごいところだ。

決して私がすごいのではない。

だって、周りの巡礼者はみな、楽しそうに歩いている。

ポーランドから3ヶ月かけて歩いて来たとか、巡礼が4度目とか、そんな人にも出会った。

すごい!って思うけれど、それほどこの道には魅力があるのだろう。

今日は歩き始めてから30日目だから、予定ではあと10日で巡礼が終わってしまう。

寂しい。

終わってほしくないな・・・。

再び車道脇を40分ほど歩くと、今日の目的地、Vega de Valcarceが見えてきた。

小川が流れる、静かな村だ。

P6224666.jpg

P6224667.jpg

村の中を歩いていると、真っ赤な花畑が。

その中にぽつんと咲くピンクのバラ。きれい。

P6224671.jpg

目指すアルベルゲは村のはずれにあった。

P6224675.jpg

アルベルゲにはなぜかオスピタレロがいなかった。

他の巡礼者が、ベッドを取っててもいいと思うよ!というので、部屋に入り、ベッドを確保。



そしてシャワーを浴びる。

洗濯もして。

なんだか眠くなってきたので、少しシエスタ。

起きてしばらくしてオスピタレロが来たので、受付をする。

かなりおなかが空いていたので、買い物へ。

小さな食料品店で、パプリカ、じゃがいも、オリーブ、ジュースを買う。

このアルベルゲのキッチンはかなり狭かった。

キッチンというか、2階に上がったところのスペースに小さなシンクとコンロがあり、その前に小さなテーブルとイスが2つあるだけ。

調理中の他の巡礼者がいたので、しばらく待って、5時頃調理開始。

すーさんがいつもの焼き飯を作ってくれた。ありがとう。

P6234676.jpg

シンク前のテーブルには他の巡礼者がいたので、1階の入り口横にあったテーブルで食べることに。

ごはんを食べ終わった後は、片付けをし、テーブルでチップスを食べながらくつろぐ。

今日は朝からなんだか疲れている。

早めに就寝しよう。

ということで、8時前には就寝。

歩き始めて30日目。

サンジャンピエドポーからピレネー越えをしたのが、ついこの間のように感じる。

残り10日間もあっという間に過ぎていくんだろうな・・。

とにかく、怪我をせず、最後まで歩けますように。




<本日の移動>

Villafranca de Bierzo~Vega de Valcarce

約18km

約5時間



<本日のアルベルゲ>

Albergue de Vega de Valcarce  5ユーロ
部屋は広々としており、なかなか清潔。キッチンはあるけれど、とても小さく、調理器具もそんなになかったです。
※2012年6月の情報


<本日使ったお金>

アルベルゲ 5×2=10ユーロ
食料品   3.7ユーロ

計     13.7ユーロ(1人6.85ユーロ)
10:00 | サンティアゴ巡礼 2012/05-07 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
español | top | Camino de Santiago サンティアゴ巡礼 29日目 2012年6月21日 喧嘩とチェリー

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://manouche337.blog45.fc2.com/tb.php/212-45ce47f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。