スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

Camino de Santiago サンティアゴ巡礼 23日目 2012年6月15日 美しきステンドグラス

6時30分起床。

朝ごはんに、昨日買ったイカスミとイカの缶詰めにマヨネーズを混ぜ、バゲットにのせていただく。

予想を超えるおいしさ。

日本にはないのかな~、この缶詰め。

準備をして、7時15分頃出発。

町を出て、橋を渡る。

P6153575.jpg

今日も車道横の歩道を歩く。

P6153580.jpg

でも今日はちょっと大きめの車道。

大都市、レオンが近づいてきているからかな。

P6153581.jpg

1つ目の村でトイレ休憩をし、再び車道の横を歩く。

ふとサインを見ると・・髪が生えてる(笑)

P6153591.jpg

しばらく歩くと、車道を逸れ、砂利道に入る。

P6153592.jpg

やっと少しのどかな景色が戻って来た。建物はちらほら見えるけど。

2つ目の村に到着。

村の入り口に水場を発見。

P6153598.jpg

昔の巡礼者は、ここで喉を潤していたのかな。

今は、飲んではいけないと書いてあるけど。。

ここでしばらく休憩。

持っていたビスケットを食べ、糖分を補給。

レオンまではあと10kmほど。

あと2時間半くらいで着くかな。

がんばろう。

再び、真っ白な砂利道を歩き始める。

P6153600.jpg

P6153602.jpg

10分ほどすると、目の前に坂が見えてきた。

P6153608.jpg

そんなに長くないけれど、きつそう・・。

2人とも無言で上る。

頂上。

P6153613.jpg

坂を下ると、あとはひたすら砂利道を進む。

P6153616.jpg

15分ほど歩くと、なんだか懐かしいサインが。

P6153617.jpg

マック!しかも24時間て書いてある。都会だ~。

そういえば、巡礼を歩き始めてファーストフードのお店って無かった気がする。

ハンバーガーを食べたいとは思わないけれど、なぜか少しうれしくなる私たち。

青い歩道橋からは、遠くに建物がいっぱい見える。

P6153620.jpg

P6153621.jpg

きっとあれはレオン。

車道沿いを歩いていると、カルフールやバーガーキングもあった。

久しぶりに現代に戻って来た。

そうそう、私たちがいるのはこの世界だった。

歩道橋から1時間ほど歩くと、レオンの旧市街に到着。

P6153636.jpg

旧市街は、10世紀にできたという城壁に囲まれている。

P6153637.jpg

やはりファーストフード店のあるところより、旧市街の方が落ち着く。

P6153639.jpg

石畳を進み、アルベルゲへ。

P6153643.jpg

アルベルゲには受付を待つ巡礼者の列ができていた。

しばらく並び、部屋に案内される。

P6163788.jpg

本日のアルベルゲは、男女別の部屋だった。

夫婦は同じ部屋でもよい。

ホステルは女性だけのドミトリーってあるけど、そういえば今まで男女別のアルベルゲって無かったなー。

さっそくシャワーを浴び、洗濯を済ませ、町へ繰り出す。

この町の見どころは、カテドラルと、ガウディが設計した建築物。

あと、これは帰ってから気づいたのだけど・・サン・イシドロ教会も大きな見どころ。

なぜか、自作のガイドブックのサン・イシドロ教会には全く印をつけていなかった。

この教会は、「ロマネスクのシスティーナ教会」と呼ばれているほど美しい教会らしい。

教会内のフレスコ画は、巡礼路一の絵画とされ、残されている巡礼の書の写本には、「巡礼者は必ずこの場所に立ち寄らなければならない」と記されているほど。

この教会は、次回のお楽しみにするとして。。

レオンの旧市街は、美しい建物に囲まれた小さな路地もあり、とても雰囲気のあるところだった。

P6153644.jpg

カフェやレストランは人で溢れ、観光客と思われる人もいっぱいで、活気にあふれていた。

久しぶりの都会は、歩くだけで楽しかった。

P6153648.jpg

おなかが空いたし、観光の前にランチにしよう。

旧市街をぐるぐる歩き、値段も加味した結果、アルベルゲからそう離れていない静かな道沿いにあるレストランへ入ることにした。

店内は薄暗かったので、外の席でいただくことに。

注文したのはセットメニュー。

まずはワイン。かわいいボトル。

P6153658.jpg

前菜に、きのこのクリームパスタと、インゲンのスープ。

P6153662.jpg

P6153661.jpg

いつもパスタといえばトマトソースだったけど、このクリームパスタ、うまい!

メインは、チキンとポーク。

P6153664.jpg

P6153666.jpg

巡礼路の町らしく、ソースで、巡礼者の象徴、コンチャ(ホタテ貝)が描かれていた。

デザートは、アイスにフラン。

P6153668.jpg

外で食べるランチは格別。

村にはない重厚な建物を眺めながらワインを飲んでいると、巡礼中というのを忘れそうになる。

しばしくつろぎ、楽しみにしていたガウディのカサ・デ・ロス・ボティーネスへ向かう。

1891年に設計されたこの建物は、現在は銀行として使われている。

私は今までガウディの作品というものを見たことが無かった。

初ガウディ。

P6153646.jpg

本でよく目にするバルセロナの作品よりはシンプルだけど、入り口のアーチや窓にはガウディ色が出ている。

建物の四隅にある尖塔も、なんだかロマンティックな雰囲気が漂っている。

P6153678.jpg

また、建物の前には、ベンチに座るガウディ?の像もあった。

P6153647.jpg

端にとまっているハトもかわいい。

一通り堪能したところで、次はカテドラルへ。

カテドラルの横を歩いていると、遠くから私たちの名前を呼ぶ声が。

声の方向を見ると、そこにいたのは、イネさん、ヒヨさん、カオンさん。

カフェでビールを飲んでくつろいでいる。

どうやら私たちとは違うアルベルゲに泊まっているとのこと。

カテドラルに興味がないというすーさんとイネさんを残し、3人でカテドラルへ向かう。

外観からしてとても美しい。

P6153682.jpg

P6153686.jpg

P6153690.jpg

入場料は5ユーロ。

13世紀から14世紀にかけて建設されたゴシック様式の大聖堂の内部には、スペイン一とも言われるステンドグラスが並ぶ。

P6153697.jpg

P6153705.jpg

P6153713.jpg

美しい。

それしか感想がなかった。

ひんやりとした大聖堂内に、色とりどりのステンドグラスを通して入るあたたかい光。

P6153716.jpg

P6153722_201308041358452c1.jpg

P6153755.jpg

何時間でも座っていたくなる空間。

ただただ、うっとりしながらステンドグラスを眺める。

P6153744.jpg

P6153734.jpg

約1時間ほど滞在し、回廊へ出る。

回廊も美しい。

P6153766.jpg

P6153777.jpg

ショップで、ポストカードを2枚買い、外へ。

ブルゴスのカテドラルも荘厳で美しかったけれど、レオンのカテドラルはステンドグラスの色がとにかく素晴らしかった。

満足、満足。

すーさんと合流し、町を歩いていると、エロスキ発見!

エロスキは私たちが大好きなスーパー。

夜ごはんは、簡単に済まそうか。

ということで、サラミ、チーズ、チップス、ジュース、ワインを買ってアルベルゲへ。

その前に、もう一度ガウディを眺める。

P6163785.jpg

夜ごはんは、ワインとサラミ、チーズで済ませ、9時頃就寝。

久しぶりの大きな町は、やはり楽しかった。

この先、アストルガという大きめの町があるけれど、賑やかな都市はこれで終わり。

寂しいような気もするけど、サンティアゴまであと300km。

ガイドブックには載っていないような小さな村々を訪ねながらの、のんびりした巡礼になることだろう。

さ、明日からもがんばろう。

おやすみなさい。


<本日の移動>

Mansilla de las Mulas~Leon

約20km

約5時間


<本日のアルベルゲ>

Albergue del Monasterio de las Benedictinas 5ユーロ

部屋は男女別。大きめのアルベルゲ。施設は新しくはないものの、結構清潔でした。朝食付き!
※2012年6月の情報


<本日使ったお金>

アルベルゲ  5×2=10ユーロ
ランチ    10×2=20ユーロ
カテドラル  5ユーロ
ポストカード 0.3ユーロ
食料     2.8ユーロ

計      38.1ユーロ(1人19.05ユーロ)


10:00 | サンティアゴ巡礼 2012/05-07 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Camino de Santiago サンティアゴ巡礼 24日目 2012年6月16日 お金の要るキッチン | top | Camino de Santiagoサンティアゴ巡礼22日目 2012年6月14日 ふとイラク戦争を思い出す

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://manouche337.blog45.fc2.com/tb.php/205-d1828c89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。