スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

Camino de Santiago サンティアゴ巡礼 20日目 2012年6月12日 再び祭り

5時45分頃起床。

のんびり準備をして、中庭で、朝ごはんに桃をいただく。

P6123335.jpg

しかし、今日は冷え込む。

ま、暑いよりは歩きやすいからいいか。

7時頃出発。

今日目指すのは、約16km先の、Sahagunという町。

ここは少し大きめの町らしい。

20km以下だし、今日は余裕かも。

レディゴスの村を出ると、すぐに昨日と同じ景色が広がる。

P6123336.jpg

道路沿いの道をひたすら進む。

昨日はあんなに風が強かったのに、今日は全く風が吹いていない。

P6123339.jpg

40分ちょっと歩くと、ひとつ目の村。

巡礼路にある教会でよく見かける、おそらくコウノトリの巣。

P6123344.jpg

村の中って結構サインが無くって迷うのだけど、これは分かりやすい。

奥のドアに大きな黄色の矢印。

P6123346.jpg

村を出ると、麦畑が始まる。

P6123347.jpg

なんか不思議な雲。

P6123348.jpg

ひたすら進むこと6km。

P6123350.jpg

次の村が見えてきた。

P6123353.jpg

この辺で休憩しようか。

村の入り口にかわいいカフェ発見。

今までにはないカフェの外観。

写真を撮るのを忘れていたけれど、北欧とかにありそうな感じのカフェ。

値段がよく分からないまま、パン・オ・ショコラとカフェオレを注文。

P6123354.jpg

しかし値段を聞いてびっくり。

4ユーロだった。

(と、今、付けていた日記にこう書いてあるから書くけど、高くない・・笑)

今までのカフェでこういうものを頼んでも、大抵3ユーロ以下だったのに!

4ユーロあったらフルーツがいっぱい食べれるのになぁ。

しかしこのカフェはその価値があった。

おしゃれだし、wifiもあるし、トイレもかなりキレイだった。

どうやらオーナーはドイツ人とのこと。

どうりでスペインぽく無い気がしたはずだ。

しばらくくつろいでいると、入って来たのは、最近よくすれ違っていた韓国人の女性2人組み。

私たちは彼女たちのことをレッドさんと呼んでいた。

なぜなら、いつも真っ赤なウィンドブレーカーを着ていたから。。

レッドさんたちも飲み物を注文すると、私たちのテーブルにやってきた。

いつもは挨拶程度だったけど、自己紹介も兼ねて少し話してみることに。

と、レッドさんのうちの1人、ジヨンさんは、なんとコロンビアで働いていたらしい。

すごい!

この後、ヨーロッパを少しまわって、モロッコへ行き、そのあとカリブ、メキシコ、中米、南米と旅をする予定の私たちは、ジヨンさんにコロンビアのことを聞く。

ステレオタイプなイメージしか持っていない私たちは、それが本当なのか知りたかった。

ジヨンさんによると、コロンビア人はとても親切らしい。

行ったらきっと、コロンビア=危険というイメージが崩れるのだろう。

コロンビアを避けて、エクアドルまで飛ぼうかと言っていたけれど、やはり行ってみようか。

気づいたら1時間ほどが過ぎていた。

いけない、そろそろ行かなきゃ。

レッドさんたちと別れ、再び歩き出す。

今日はもうノンストップで、目指す町、サアグーンまで行こう。

P6123356.jpg

7.5kmほどの道のり。

麦畑が続く。

P6123358.jpg

P6123360.jpg

P6123361.jpg

大きな看板に、ブルゴスからレオンまでの地名が書いてある。

P6123363.jpg

次の大きな町が、レオンなのだ。そこからサンティアゴまでは小さな町や村しかない。

実質、巡礼中、最後の大きな町。

どうやらレオンには、ガウディの作品もあるらしい。楽しみだ。

歩き始めて1時間ほどすると、石碑が見えてきた。

P6123365.jpg

この辺でパレンシア県が終わるよう。次はレオン県。

今日は天気が良く、空気が澄んでいる。

P6123368.jpg

なので、とても気持ち良く歩ける。

寒さもだいぶ和らいできた。

P6123373.jpg

県堺から30分ほど歩くと、石橋が見えてきた。その先には小さな教会。

P6123376.jpg

P6123377.jpg

そして、さらに歩くこと30分。

サアグーンに到着。

P6123379.jpg

アルベルゲもすぐに発見。

時計を見ると、ちょうど12時。

到着と同時にアルベルゲがオープン。

受付をしているとき、ふと横の壁を見ると、何かの宣伝の紙が貼ってある。

良く見ると、明日の日付が書いてある。

「明日、何かあるのですか?」

受付の女性に聞くと。

「明日はこの町の牛追いがあるのよ。」

ええー、牛追い?見たい!!

でも明日か・・・。残念。。

「でも今日も、ちょっとした祭りがあるのよ。」

そうなんだー、後で町の中心に行ってみよう。

このアルベルゲは、今までのいくつかのアルベルゲと同じく、ひとつの広い部屋に2段ベッドがいっぱい並んでいた。

P6123382.jpg

早速シャワーを浴び、洗濯をし、外へ。

アルベルゲの前にも、隣の教会の前にも、ずらっと木製のフェンスが続いている。

P6123383.jpg

P6123385.jpg

なるほど、町の入り口から目にしていたこの木製のフェンスは、牛追いのために設置してあるんだ。

見たかったなぁ、牛追い。

でも、1つの場所に2泊はしないと決めたから。また次の機会に。

町の中心まで歩くと、遠くに鼓笛隊。

P6123391.jpg

どうやらパレードが始まったよう。

道端では、パフォーマンスアートのおじさんがチョークで聖人の絵を描いている。

P6123392.jpg

スーツを着て行進する人々。

聖人が乗った山車もやってきた。

P6123394.jpg

この聖人は誰なんだろう。。

P6123395.jpg

そしてガラスケースのようなものが乗っている山車。

P6123398.jpg

一通りパレードが終わると、見物客たちもすぐに去って行った。

うーん、これはなんのお祭りなんだろう。。

町の教会に祀ってある聖人の祭りかな~。

さて、おなかが空いたし、何か食べようか。

ぶらぶら歩いて、「セットメニュー8ユーロ」と書いてあるところに入ってみる。

8ユーロって安いよね。

ちょっとキレイ目のバル。

P6123400.jpg

まずはワイン。ここはボトルでなく、グラスだった。。

前菜は、ガスパチョとサラダ。

P6123408.jpg

スペインに入って初めてのガスパチョ。

やはり本場のはかなりおいしい!

メインは2種類しかなかったので、その2つを注文。

チョリソーのグリルと、いつものポークハム。

P6123409.jpg

今までのセットメニューは、ポテトも手作りだったけど、ここはきっと冷凍だ。

でもおいしくいただく。

デザートはこちら。ブラウニーとフルーツサラダ。

P6123411.jpg

このブラウニー、おいしすぎて感動。

帰りに、食料品店で、ビール、じゃがいも、トマト、桃を買う。

アルベルゲに戻り、シエスタをしたり、本を読んだりしながらのんびり過ごす。

鼓笛隊がずっとまわっているようで、外からは時々音楽が聞こえた。

7時過ぎ、夜ごはんを作る。

パスタとスープの素を使いきりたかったので、メニューは昨晩と同じ。。

今日はトマトを入れて、少し味を変えてみる。

ビールとともにいただきます。

P6133420.jpg

スペインはビールも安い。1缶30円くらいで売っている。

片付けをして、9時ごろ就寝。

今日は歩き始めて20日目。

明日で3週間経つことになる。

ほんとうに時があっという間に過ぎていく。

20kmくらいなら、結構余裕で歩けるようになってきた。

肩の痛みもほとんど取れ、足もようやくそんなに痛くなくなってきた。

最近まで、靴を脱いでビーサンに履き換えた途端、千鳥足になるほど足が痛かったのに。

もう筋肉痛もそれほど感じなくなってきていた。

今まで歩いた距離は400kmを超した。

ということは、もう半分以上歩いたことになる。

あと半分もないなんて・・・。

1日1日、1歩1歩、噛みしめて歩かなければ!

今日もお疲れさまでした。

おやすみなさい。


<本日の移動>

Ledigos~Sahagun

約16km

約5時間


<本日のアルベルゲ>

Albergue de Peregrinos Cluny 4ユーロ

天井が高い広い部屋に、二段ベッドがずらっと並んでいます。キッチンあり。わりと清潔。
※2012年6月の情報


<本日使ったお金>

カフェ    4ユーロ
アルベルゲ  4×2=8ユーロ
ランチ    8×2=16ユーロ
食料     5.5ユーロ

計      33.5ユーロ(1人16.75ユーロ)
10:00 | サンティアゴ巡礼 2012/05-07 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
カリブの島国、ジャマイカへ | top | Camino de Santiago サンティアゴ巡礼 19日目 2012年6月11日 サウジからの巡礼者

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://manouche337.blog45.fc2.com/tb.php/198-a3c8ae40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。