スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

Camino de Santiago サンティアゴ巡礼 14日目 2012年6月6日 美しき大聖堂

6時ごろ起床。

ぐっすり良く眠れた。

準備をして7時頃出発。

面白い絵。巡礼者が、バックパックにアイロンまで入れている。モノを持ちすぎる現代の巡礼者を描いているのかな?

P6062566.jpg

「よい巡礼を!」

P6062568.jpg

コンチャの絵もかわいい。

こういうのを見ると、ほっこりする。

20分ほど歩くと、村が見えてきた。

P6062570.jpg

昨晩、パンとチョコムースしか食べていなかった私たちはおなかが空いていた。

ここで何か食べようか?

ついにバルにて初朝食。

ほとんどの巡礼者は、朝早くアルベルゲを出て、1つ目か2つ目くらいの村のバルで朝食を取る。

節約巡礼を目指していた私たちは、今まで、前日買ったパンやフルーツで朝食を済ませていた。

一度、バルでの朝食を体験するのもいいかも。

見つけたバルに入ると、数名の巡礼者が朝食を楽しんでいた。

頼んだのは、スペインオムレツのトルティーヤとコーヒー。

P6062573.jpg

ふんわり柔らかいオムレツは優しい味がした。

20分ほどしてバルを後にする。

かわいらしい教会。

P6062574.jpg

今日はかなり曇っていて風が強い。雨が降らなければいいのだけど。

15分ほど歩くと、道路が見えてきた。

P6062577.jpg

久しぶりに見る大きな道路。都市に近づいているのだ。

道路を超えると、麦畑が始まる。

P6062578.jpg

途中迷いそうになりながら、20分ほど歩くと、右手に小さな空港が見えてきた。

フェンスには小枝で作った十字架。

P6062581.jpg

私も作り、旅の無事を祈る。

P6062582.jpg

空港を越えたあたりで少し休憩。

民家の前で休憩していたら、おばちゃんが出てきたのだけど、巡礼者と分かると、「Buen Camino!」と声を掛けてくれた。

こういう小さな交流もうれしい。

20分ぐらい休憩し、出発。

かわいい壁。

P6062585.jpg

道路の横を進んでいくと、標識が見えてきた。ブルゴスと書いてある。ブルゴスまでもうすぐかも。

P6062588.jpg

サンティアゴはこちら。

P6062590.jpg

30分ほど歩くと、今度はブルゴスの大きな看板。

P6062591.jpg

だんだん賑やかになって来た。交通量も多い。

P6062592.jpg

高い建物が並び、大きな町へ入ってきたことを実感する。

巡礼の象徴、コンチャと杖のオブジェ。

P6062594.jpg

ようやく旧市街が近づいてきた。

P6062600.jpg

休憩してから1時間ほどしか歩いていないのに、コンクリートの道をずっと歩いたせいか、いつもより足が痛い。

P6062601.jpg

橋を渡って、旧市街へ入る。

私たちは、サン・ファン門をくぐりたかったのだけど、多分これは違うな・・。

P6062604.jpg

久々の大きな町。おそらく今までで一番の都会。いろいろなお店があって、キョロキョロしてしまう。

先の方に大聖堂が見えてきた。

P6062606.jpg

これがサンタ・マリア大聖堂。スペインゴシック建築の傑作とされており、13世紀から16世紀にかけて建設されたらしい。

P6062608.jpg

スペインに入って初めて見る大きな大聖堂。アルベルゲにチェックインした後に戻ってこよう!

大聖堂の横の階段を上り、しばらく行くとアルベルゲ発見。

P6062610.jpg

時計を見ると11時。オープンまでまだ時間がある。

大聖堂が見えるベンチに座ってしばし休憩。

P6062612.jpg

12時になるとアルベルゲがオープン。

アルベルゲの横にあったオブジェ。痛めた足をおさえる巡礼者。

P6062619.jpg

アルベルゲの前には長い列ができていた。私たちも並ぶ。今日は雨が降らなくてよかった。

P6062620.jpg

無事にチェックイン。大きくてキレイなアルベルゲだった。

部屋はこんな感じ。ロンセスバージェスのアルベルゲに似ている。

P6062622.jpg

早速シャワーを浴び、洗濯をする。

少し休憩して、ランチ。

せっかく大きな町にいるし、今日もレストランで食べよう。というか、アルベルゲには調理のできるキッチンがなかった。

しばらくうろうろして、大聖堂前にあるレストランに入ってみる。

スペインに来て、早く食べたいと思っていたパエリア、そして10ユーロのセットメニューを1つ頼む。

セットメニューの前菜に頼んだのは、たぶん豚の血のソーセージ。

P6062633.jpg

私はあまりソーセージも、血関係の料理も好きではないのだけど、すーさんはおいしい!と言っていた。

メインは魚のグリル。

P6062636.jpg

そしてこちらがパエリア。期待通りおいしい。

P6062635.jpg

最後にやってきたデザート。

P6062641.jpg

セットメニューには1つデザートがつくのだけど、もう一つのデザートは流れで別に頼むことに。。

さて、私はこの後、大聖堂を見学。

すーさんは世界遺産とか大聖堂に興味がないらしく、街をブラブラするとのこと。

私は、美術館とか博物館は1人で行きたいので、好都合。

早速1階の入り口から中に入る。

この大聖堂は、クレデンシャルがあれば入場料が割引になる。5ユーロが3.5ユーロになった。

大聖堂の中には、大小様々な礼拝堂があり、それぞれ素晴らしい彫刻、装飾が施されていた。

P6062650.jpg

カトリックの聖堂らしく、華美な色合い。

P6062664.jpg

そして屋根の部分やステンドグラスがまた美しい。

P6062672.jpg

P6062683.jpg

私が一番好きだった礼拝堂。

P6062698.jpg

大聖堂の中で一番美しいとされている礼拝堂らしい。

近づいてみると、こんな感じ。細かい。

P6062695.jpg

あとはこんな感じ。

P6062728.jpg

P6062733.jpg

どこを見ても美しい!

P6062740.jpg

この部分も好きだった。これは絵じゃなくて彫刻。素晴らしい。

P6062765.jpg

約1時間ほど見学を楽しみ、外へ。

2階の入り口のファサードも彫刻が細かい。

P6062642.jpg

教会とか神社とかモスクとか、聖なる場所を見学するのは本当に心が和む。

満足、満足。

外の石段のことろですーさんと落ち合い、アルベルゲへ。

少し休憩をし、スーパーにて買い出し。

夜ごはんは、買ったフルーツやパンで済ませ、9時には就寝。

しかし、こういう大きな町に来ると、何日か滞在してゆっくり観光したくなってしまう。

巡礼の旅は自由だから、同じ町に数日滞在してもよいのだけど、公営のアルベルゲには2泊はできないことになっている。

なので、2泊するならば、私営のアルベルゲ(多分2泊出来るはず・・。)やホテルに泊まることになる。

今回は節約巡礼の旅だし、観光旅行でもないので、連泊はしないと決めているけれど、いつか長い時間をかけてゆっくり巡る巡礼の旅もしてみたいものだ。

さ、明日も頑張ろう。

おやすみなさい。


<本日の移動>

Cardanuela Riopico~Burgos

約15km

約4時間


<本日のアルベルゲ>

Albergue Municipal de Burgos 5ユーロ

近代的でとっても清潔。シャワールームがいっぱいあります。調理のできるキッチンはなかったけれど、レンジはあったかも。
※2012年6月の情報


<本日使ったお金>

バルでの朝食  3.5ユーロ
アルベルゲ   5×2=10ユーロ
ランチ     25.5ユーロ
カテドラル   3.5ユーロ
スーパー    4.8ユーロ

計       47.3ユーロ(1人23.65ユーロ)
10:00 | サンティアゴ巡礼 2012/05-07 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Camino de Santiago サンティアゴ巡礼 15日目 2012年6月7日 3週間目スタート | top | Camino de Santiago サンティアゴ巡礼 13日目 2012年6月5日 リラックスデー

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://manouche337.blog45.fc2.com/tb.php/192-51ad51bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。