スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

Camino de Santiago サンティアゴ巡礼 13日目 2012年6月5日 リラックスデー

6時起床。

実は昨晩、今日はリラックスデーにしようと決めていた私たち。

昨日レストランで、自炊しなくてもよいという楽ちんな方法を堪能した私たちは、楽な日を1日作ろうよなんて話していたのだ。

この間は、体調が悪くても10km以上歩いたのに・・、今日はもう次の村で泊まろうということに決めていた。

こういう日が1日くらいあってもいいよね。

ま、まだ巡礼の4分の1くらいしか終わっていないのだけど・・。

6時に起きた私は、しばし読書。

そのうちすーさんも起き、8時過ぎに出発。

案の定、全ての巡礼者はとっくに出発していた。

村を出ると、すぐに麦畑が広がる。

P6052488.jpg

そしてゆるやかな上りが始まる。

しばらくすると、前の方に巡礼者が見えてきた。

P6052489.jpg

彼らもゆっくり出発したのかな?それともひとつ前の村から歩いてきたのかな。

順路を示すサイン。

P6052492.jpg

このサインに従わないと、迷ってしまう。

丘を上りきると、向こうの方に家々が見えてきた。

P6052495.jpg

しばらく草原を進むと、大きな十字架。

P6052497.jpg

足元にはこんな十字架。

P6052499.jpg

こういうモニュメントを見ると、やっと自分が巡礼していることを実感する。

やはりキリスト教徒ではない私は、巡礼というものの意味がまだ分からずにいた。

十字架にまぎれて、こんなものも。かわいい。

P6052500.jpg

そして、昨日見たものと同じ、ミステリーサークルのようなものも。

P6052502.jpg

これらのモニュメントを超えると、下り。

P6052504.jpg

遠くに見える、大きな町。多分これは今日目指す村ではない。もしかしてブルゴスかな。

P6052507.jpg

この下りは、とてもゆるやかだったので、歩きやすい。

P6052512.jpg

それにしても、麦畑のグリーンの景色はは美しい。

P6052513.jpg

おそらくこの麦畑のなかに見える村が今日の目的地。

P6052518.jpg

下り終えると、車道沿いに歩く。

P6052524.jpg

P6052528.jpg

真っ赤な花。きれい。

P6052532.jpg

車道沿いに15分ほど進むと、本日泊まる村、Cardenuela Riopico到着。

まだ10時前だった。

さっそくアルベルゲを探す。

目指すアルベルゲ、Albergue Via Mineraはすぐに見つかった。

かわいらしい建物。

P6052537.jpg

オスピタレロのおじちゃんは、英語が全く分からなかったが、とっても親切だった。

そしてこのアルベルゲ、なんとダブルルームが14ユーロ。これは安い。そしてきれい。

部屋はこんな感じ。

P6052534.jpg

シャワーとトイレも部屋についている。

巡礼が始まって以来、初めてのプライベートルームだった。

少し休憩して、村を歩いてみることに。

P6052538.jpg

P6052540.jpg

しかしこの村、今まで宿泊した村の中で一番小さく、スーパーも商店もレストランも1つもなかった。

オスピタレロのおじちゃんに、身ぶり手ぶりで聞くと、商店は隣の村まで行かないとないよとのこと(多分)。

ということは、このアルベルゲで食べるしかない。

そう、ここは1階が小さなレストランだった。きっとお客は巡礼者だけだろう。

さっそくおじちゃんにランチを頼むと、1時過ぎからなら準備できるとのこと。

昼過ぎになると、数名の巡礼者がやってきた。おそらく1人で切り盛りしているおじちゃんは忙しそうだ。

私たちは、飲み物を注文し、レストランの外にある椅子で時間まで読書タイム。

1時半ごろ、準備が出来たとの知らせ。

私たちが注文したのは8ユーロのセットメニュー。おそらくメニューはこれのみ。

前菜に選んだのはパスタ。素朴なトマトの味がおいしい。

P6052545.jpg

パスタだけでも結構おなかいっぱいになる。

メインはチキン。長く煮込んであるのか、とってもやわらかい。

P6052547.jpg

すーさんがポークを頼んだら、ハムのようなものが出てきた。

P6052552.jpg

このほか、サラダ、パン、デザート、そしてワイン1本(2人に1本)もついて8ユーロ。これはお値打ち価格!

すっかりランチを堪能した私たちは、食べきれなかったデザートを持って部屋へ。

そしてシエスタ。

寝袋がすっかり気に入っていた私は、ふとんがあるのに、寝袋にすっぽりくるまって眠った。

なぜだか、寝袋で寝ると落ち着く。

夕方に起きて、再び読書。

これぞリラックスデー。

そしてシャワーを浴び、洗濯をする。

いつもはアルベルゲに到着したらすぐシャワーを浴びないと気持ちが悪かったのに、今日は6kmちょいしか歩いていなかったので、すっかりシャワーを浴びるのを忘れていた。

今日はリラックスデーという名の怠けた1日だったな・・・。

ま、でもこの先、こんなに短い距離しか歩かないのは今日だけなはず。

明日からはまた気を引き締めてがんばろう。

ぐうたらしていた私たちは、おなかが空くはずもなく、ランチの残りのデザートのチョコムースと、持っていたパンで夕食を済ませた。

明日目指すのはブルゴス。

パンプローナ、ログローニョ以来の大きな町で、世界遺産に登録されている大聖堂があるらしい。

楽しみ!


<本日の移動>

Atapuerca~Cardenuela Riopico

約6.5km

約1時間40分


<本日のアルベルゲ>

Albergue Via Minera ダブルルーム 14ユーロ
とってもお勧めのアルベルゲ。オスピタレロも親切です。多分全部個室のような気がします。8ユーロのメニューもお勧め。
ただ、現在は値上がりしている可能性あり。
※2012年6月の情報

<本日使ったお金>

アルベルゲ 14ユーロ
飲み物   2.5ユーロ
ランチ   8×2=16ユーロ

計     32.5ユーロ(1人16.25ユーロ)




10:00 | サンティアゴ巡礼 2012/05-07 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Camino de Santiago サンティアゴ巡礼 14日目 2012年6月6日 美しき大聖堂 | top | Camino de Santiago サンティアゴ巡礼 12日目 2012年6月4日 喧嘩と初めてのレストラン

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://manouche337.blog45.fc2.com/tb.php/191-c09a8931
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。