スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

Camino de Santiago サンティアゴ巡礼 9日目 2012年6月1日 寄付制のアルベルゲ

5時半に起床。

やはり体が少しだるい。筋肉痛もある。

特に、起きてすぐはスムーズに歩けない。

準備をして靴に履き替える。

うん、やっぱり靴になるとちゃんと歩ける。

痛いのだけど、足取りが軽くなる感じ。

足にマメができ、アルベルゲで傷の処置をしている人を見かける中、私の足は全く問題がなかった。

ただ、筋肉痛がすごい。

脚全体が筋肉痛になると、こんなに歩くのがたどたどしくなるなんて知らなかった。

朝食に、残ったチェーリーを食べる。

6時40分頃出発。

かわいい壁発見。

P6012087.jpg

さて、今日はどこまで行こうか。

P6012088.jpg

私たちは、歩く当日にどこまで行くか決めることにした。

次の村Ventosaまで4.5km、そこから次の町Najeraまで12km、そしてそこから次の村Azofraまでが5.8km。

「今後のペースを考えると、Azofraまでは歩きたいね。」

「うん、でも今日もあんまり調子良くないんだよね?もし調子がでなかったらNajeraで泊まろう。ナヘラの方が大きいみたいだし。」

次の村Ventosaまで4.5kmってことは、1時間くらいで行けるはず。

まずはそこまでがんばろう。

村を出ると、いつもの麦畑が見えてきた。

P6012092.jpg

周りを見ても全然いない巡礼者。

静かだ。

そして私たちも無言。

歩きだして1時間経ったのに、村は全然見えてこない。

トイレに行きたいし、あとどれくらいかかるんだろう。

それから30分してようやく村が見えてきた。

P6012094.jpg

P6012096.jpg

4.5km以上あった気がした。

村でトイレを借り、少し休憩する。

なんだか体が重いな・・・。

やはり今日は次の町までしか行けないかも。。

ていうか、あと12km歩けるだろうか?

でもこの村で泊まらなければ必然的に12km歩かないと泊まるところがないということになる。

たった4.5kmで辞めたくはないし、がんばろう。

「すーさん、やっぱり今日はナヘラで泊まろう。」

村を出ると、ゆるやかだが少しずつ道は上って行く。

P6012103.jpg

かわいいサイン。

P6012101.jpg

San Anton峠を越えれば、あとは再びゆるやかな下りがナヘラまで続く。

P6012105.jpg

P6012111.jpg

P6012114.jpg

時計を見ると10時半。N-120という道路と交わると、ナヘラの町はもうすぐだ。

P6012117.jpg

道路を渡り、10分ほど歩くと町に入る。

P6012118.jpg

あともう少し。

P6012120.jpg

しかし町に入ってから迷ってしまった。同じ道を行ったり来たり。

P6012122.jpg

P6012127.jpg

お目当てのアルベルゲが見つからない。

巡礼で立ち寄る町や村は、地図など無いので、いつもアルベルゲがどこにあるのか分からないのだけど、大抵は巡礼路沿いにあるから辿りついていた。

でも今日は見当たらない。

ぐるぐるしていたら案内所を発見した。

中に入っておにいさんにアルベルゲの場所を聞く。

11時半ごろ、ようやくアルベルゲに到着。

外壁には巡礼者が描かれている。

P6012129.jpg

しかし今日は、この9日間で、1日目のピレネー越えの次にきつかった。。

きっと今までの疲れが一気に出てきたのだと思う。

一昨日は最長の29kmを歩いたし。

体力ないわ、やっぱり。でも、それでも17km近くは歩けた。

頑張った。ということにしておこう。

さて、アルベルゲのオープンは13時。まだまだ時間がある。

バックパックを置き、貴重品だけ持って買い物へ。

P6012133.jpg

「もしバックパックが盗まれたらどうする??」

「巡礼者はぜったい盗まないよ。盗んだらよけい荷物が重くなるし!あ、でも今ちょっと重いから逆にちょっと盗んでほしいかも(笑)」

なーんて平和な会話をしながらスーパーを探す。

この町は、乾いた山に囲まれ、中心を穏やかな流れの川が通っている。

P6012125.jpg

少し巡礼路を手前に戻ったところにスーパー発見。

巡礼路にはほとんどスーパーがない。あっても小さな商店。

なのでスーパーを見ると、うれしくなる。

さっそく中に入る。エアコンが気持ちいい。

私たちの巡礼でのメニューはシンプルだった。米かパスタ。

この2種類のいずれか。他のおかずはない。

それは、宿泊者全員が使うアルベルゲのキッチンで、時間のかかる料理が出来ないから。

みんな、前の人がガスを使い終わるのを、包丁を使い終わるのを待っているのだ。

ま、私が料理が苦手というのもあるんだけど。。

昨日の残りのパスタ麺があるから、今日もパスタにしようか。

買い物を終え、アルベルゲへ戻る。

30分ほど待ってようやくオープン。

私たちが一番のりだった。

受付でスタンプをもらうと、オスピタレロは続けた。

「このアルベルゲは寄付制です。」

そう、巡礼路には自分の好きな金額を寄付して泊まらせてもらうというアルベルゲがいくつも存在する。

私たちの初寄付制のアルベルゲがここだった。

寄付制と聞くと、細々やっている感じがしたのだけど、このアルベルゲにはエアコンもあった。

部屋は大きく1つだけで、そこにベッドがたくさん置いてある。

私たちは1と2のベッドを割り当てられた。このベッドの上2つ。

P6012135.jpg

さて、いくらくらい寄付したらよいのだろう・・・。

私たちは、今まで泊まった最低金額のアルベルゲよりちょっと少ない金額を寄付した。

もしかして少なすぎるのかな・・。

他の人はどれくらい寄付しているのだろう。

聞くところによると、寄付しない人もいるらしいけど・・。

「シャワーを浴びて、リラックスしてて。その間に食事を作っておくから。」

なんとありがたい。その言葉に甘え、そうすることにした。

シャワーを浴びて洗濯をし、外に干す。

いくら疲れていても、洗濯は絶対にしなければならない。

そして食事を作るというのも。

気合で洗濯まで終わらせ、キッチンへ様子を見に行く。

すーさんが適当に作ったという具沢山のパスタがちょうど出来上がっていた。

P6012139.jpg

普通パスタに入ってなさそうなものがいくつか入っているけど、おいしかった。

オリーブがいい感じ。

後片付けもすべてすーさんにやってもらい、私はシエスタを。。

横になったけれど、なんだか眠れない。

私は本を取り出した。

巡礼の旅のお供として、どの本を持って行こう。

キリスト関係の何か。

そして持ってきたのが、遠藤周作の『女の一生 二部・サチ子の場合』だった。

大好きな本でもあり、読むととても苦しくなる本でもある。

数ページ読み進めると、いつの間にか眠っていた。

2時間くらい寝ていただろうか。

横を見てもすーさんはいない。

ダイニングルームに行くと、パソコンをwifiに繋ぎインターネットをしていた。

私も加わり、巡礼後の旅のルートを考える。

すーさんの旅の方法は変わっていた。

飛行機が安いヨーロッパは、とにかく格安の航空券を使う。

行きたいところの値段を調べるのではない。安い航空券をいくつかピックアップし、そこから行きたいところを考えるのだ。

いつも絶対に行きたい場所があって、それから航空券を探す私には、全然理解できない方法だった。

値段で行きたいところを決めるって・・。けどまあ、今回はそれに従ってみよう。

巡礼の後、私たちは海辺でリラックスしようという意見で一致していた。

まだ4分の1しか終えてないのに、もう先を考えている私たち・・。

すーさんがピックアップした中で海辺といえば選択肢は一つ。マヨルカ島。

私たちは、だいたいあと30日あればサンティアゴに辿り着けるだろうと計算した。

それに3日ほど予備日をプラスして。

7月5日のサンティアゴ・デ・コンポステーラ発、パルママヨルカ着の航空券を買った。

これで、具体的な目標が決まった。

少なくとも7月4日にはサンティアゴに行かなくては。

あと33日しか巡礼はできないのか。

それが短いのか長いのか、まだ9日間しか終えていない私にはよく分からなかった。

その後、気分転換にアルベルゲの周りを少し散歩。

P6022147.jpg

19時頃に再び残ったパスタとフルーツを食べ、20時には就寝。

さ、明日は気合を入れなおして、20kmは歩くぞ。


<本日の移動>

Navarrete~Najera

約17km

約5時間


<本日のアルベルゲ>

Albergue de Peregrions de Najera
寄付制。キッチンあり。wifiあり。なかなか清潔です。
※2012年6月の情報

<本日使ったお金>※2人分

アルベルゲ 7ユーロ
食料    8.5ユーロ

計     15.5ユーロ(1人7.75ユーロ)
10:00 | サンティアゴ巡礼 2012/05-07 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Camino de Santiago サンティアゴ巡礼 10日目 2012年6月2日 くるり | top | Camino de Santiago サンティアゴ巡礼 8日目 2012年5月31日 2週間目の中だるみ

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://manouche337.blog45.fc2.com/tb.php/175-f2873758
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。