スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

Camino de Santiago サンティアゴ巡礼 1日目 2012年5月24日 ピレネー越え

5時半に目が覚める。

もうほとんどの人が起きている。みんな早いな。

トイレに行って、顔を洗って、日焼け止めを塗って。

キッチンに行くとすでに朝食が準備してあった。

まだ悠長に寝ているすーさんを起こし、朝食をとる。

バゲットとカフェオレ。

オスピタレロのおばちゃん、そしてもう出発しようとしている巡礼者と少し話し、私たちも出発の準備をする。

6時35分。

「Bon Chemin !」とおばちゃんに見送られ、外へ。

さあ、夢にまでみたサンティアゴ巡礼の第一歩。

今日の目的地、ロンセスバージェスへ行くには、2つのルートがあるという。

私たちはもちろん、景色がよいと言われるナポレオンルートを進む。

ピレネー越えだ。

意気揚々と外に出たものの、どちらへ進めばよいか分からない。

見渡しても人がいない。

うーん、と思い、なんとなく左の方へ行ってみる。

こういうところが、私たちらしいというか。いつも肝心なところが抜けている。

しばらく歩くと、現地の人っぽいおじちゃんが。

「巡礼路はどの方向ですか?」

おじちゃんの言うとおりしばらく進むけれど、なんか違う気がする。

ひっそりしすぎてるよね?

やはりアルベルゲに一度戻ろう。

と、アルベルゲに戻り少し逆方向に歩いてみると、巡礼者の後姿発見。

P5240705.jpg

時計を見ると6時45分。

もう、おじちゃんのせいで間違ったねーなんて、自分たちの準備不足をおじちゃんのせいにしつつ、彼らについて行く。

すると順調に町を出て、静かな車道に出た。

P5240713.jpg

本当に静かだ。まわりに見えるのは、緑だけ。

霧もかかっていて、なんだか神秘的。

しばらく歩くと、日が昇ってきた。少し暑い。着ていたパーカーを脱いで半そでに。

気持ちがいい。

さて、巡礼者はそれぞれ、歩くペースが違う。

なので、他の巡礼者を追い越したり、また追い越されたりもする。

そういうとき、交わし合う言葉がある。

「Buen Camino !」

フランス語の「Bon Chemin」と同じ意味のスペイン語だ。

よい道を、すなわち、よい巡礼を!

どんなときでも巡礼者はこの言葉を交わす。無言で通り過ぎるなんてありえない。

「Buen Camino !」

「Gracias ! Buen Camino !!」

数名の巡礼者と笑顔でそう交わしつつ、ピレネーを進む。

おだやかに上っていく道。

まだまだ余裕。

だいぶ上ってきた。

P5240742.jpg

そして車道をはずれ、草の生えた土の道へ。

景色がよいからか、足もどんどん進む。

再びアスファルトの道が見えたところで時計を見る。8時50分。

P5240747.jpg

もう2時間以上歩いているんだな。

それから10分ほど歩くと、何やら建物が見えてきた。

P5240748.jpg

オリソンのアルベルゲだ。

P5240756.jpg

オリソンは、サンジャンから8キロほどの地点にあり、ここに1泊し、翌日にピレネー越えをする巡礼者もいる。

私たちも少しここで休憩を取ることに。

カフェでスタンプをもらい、昨日買ったパンを少しかじる。

昨日もらった標高の書いてある紙を見ると、ここは標高750m。サンジャンは250m。

そして今日のルートで一番高いところは1400m。まだまだ上るんだな・・。

20分ほどして、再び歩き出す。

途中、牛がいたり。

P5240764.jpg

ひたすらアスファルトの道を上る。

P5240769.jpg

ピレネー越えと聞いていたから、てっきり山の中を歩くと思っていたのだけど、アルファルトの道とは。

しかし本当に素晴らしい景色。

オリソンを出て、1時間半ほどすると、目の前に馬がいっぱい。

P5240787.jpg

かわいい。

ヒツジもいる。

P5240792.jpg

やっと草の道へ。こちらのほうが断然歩きやすい。アスファルトの道は足に負担がかかる。

P5240793.jpg

P5240795.jpg

しばらくすると、こんな十字架が。

P5240796.jpg

さすがに疲れがでてきた私。だって日本じゃ車ばっかで全然歩かないから。

出発して5時間。

「すーさん、ちょっと休憩しない?」

すーさんが持参した銀色のマットは重宝した。この先、休憩の度に、このマットの上で寝転がった。

青空を見上げる。気持ちがいい。

けど、あぁ、肩が、肩が痛い・・・。足じゃなくて肩。

しばらく寝に入る私。

P5240800.jpg

20分ほどして、さあ出発。

相変わらず馬が多い。

P5240807.jpg

雄大な景色が続く。こんな景色の中を歩けるなんて幸せ。

30分ほど歩くと、石碑が見えてきた。

P5240824.jpg

サンティアゴ・デ・コンポステーラまで、あと765km。

メートルじゃなくてキロメートル。

どれだけ遠いのか想像もできない。果たしてたどり着けるのかな・・。

この近くには水飲み場があり、みんな休憩している。

馬も近寄ってきたり。のどか。

P5240831.jpg

水飲み場からすぐのところに、「NAVARRA」と書いてある石があった。

P5240832.jpg

ナバーラ。スペインの州だ。いつの間にやらスペインの入り口へ着いていた。

人生初スペイン。

もちろんパスポートコントロールなどあるわけがなく。

先にある標識をみると、一番高いというLepoederまであと3.8km。

P5240835.jpg

まだまだ上りが続く。

しばらく進むと、木々が生い茂る遊歩道のようなところへ出た。

P5240837.jpg

大きななめくじ?がいーっぱい。

P5240838.jpg

木陰でちょっと休憩。すーさんは買っていたビールを飲む。

こんな生ぬるいビール、まずくないのか・・?

私はパンの残りを食べ、水を飲む。

さて、先を急がなければ。

しかし、ああ、トイレ。トイレに行きたい!

この巡礼で、もちろん公衆トイレというものがあるわけもなく、カフェやバルでトイレを借りるか、その辺ですることになる。

ここはピレネー。万が一キョロキョロしてみたけれど、カフェなんてあるわけがない。

男の人はいいけど、女の人の場合、その辺でって気軽にできるものでもないし・・。

しばらく歩いて、ようやく少し背の高い植物が生えているところを見つけた。

「ごめん、ちょっと行ってくる。」

オープンエアーのトイレは、なかなか爽快。

さっぱりしたところで、上りのラストスパート。

P5240845.jpg

P5240848.jpg

P5240857.jpg

30分ほど歩くと、下りが見えてきた。

出発しておよそ7時間半。

やっと下り!

P5240858.jpg

下りは快調、快調なんて思っていたけれど、膝が痛い。上りの方がまだよかったかも?

私の体力は限界に近付いていた。きつい。きつーーい。

途中こけそうになったり、もうボロボロ。

とにかく肩が痛くって。7キロちょいのバックパック、本気で捨てたくなったほど(笑)

しばらくすると、教会のようなものが見え、標識が。

P5240868.jpg

P5240874.jpg

ロンセスバージェスまであと1.5km。

やった、あともう少し。

しかし、ここからが長かった。

途中、疲れ過ぎて笑いが出てきたり、かなり変なテンションになる私。

座り込んだり。

P5240879.jpg

すーさんに励まされ、どうにか足を動かし、しばらくすると、やっと、やーっとロンセスバージェスのアルベルゲが見えてきた。

P5240886.jpg

うれしさで早足になる私。

時計を見ると、15時35分。

ということは、出発して約9時間。歩いた距離、27km。

最初の難関、ピレネー越え、無事終了。

長かったー。

でも私にも歩けた。うれしい。

とにかく無事歩き終えたことに感謝。

さっそくアルベルゲの中へ入る。すごく新しい。

P5240889.jpg

受付で手続きをし、クレデンシャルにスタンプを押してもらい、ベッドのある2階へ。

2階にはベッドがずらーっと並んでいた。一体、全部でいくつくらいあるんだろう。

P5250926.jpg

この左側にもベッドが並んでいる。

さっそく自分の番号のベッドに座り込む。疲れた・・。

P5250930.jpg

疲れたけれど、気力でシャワーを浴びる。シャワー室もきれい。

少しベッドでぼーっとして。

さて、今日の夕食はどうしよう。

シャワーを浴びて、体力が回復した私たちは、少し散策してみることに。

P5250898.jpg

P5250902.jpg

P5250905.jpg

P5250906.jpg

うろうろしていると、レストランの看板が。

巡礼者メニューが9ユーロで食べれるらしい。

さっそく19時の席を予約して、いったんアルベルゲへ。

ここはwifiが使えるので便利。ネットサーフィンをしばらくしてくつろぐ。

19時にレストランに行くと、巡礼者がいっぱい。

案内された席について、周りの巡礼者と自己紹介をし合ったり。

こういう時間が好き。

運ばれてきたのは、ワイン、パン、スープ、ポテト、鱒、ヨーグルト。

P5250919.jpg

味は、まあ普通だったかな(笑)

でも、みんなでわいわい食べるのは楽しい。

量が多かったので、おなかもいっぱい。

食事が終わり、20時過ぎに部屋に戻る。

もうすでに寝ている人もいる。

すーさんと、明日の予定を少し話し、21時には就寝。

あー、きっと筋肉痛が明日出てくるんだろうな・・・。

とにかく、お疲れさま。

ほんの少しだけど、サンティアゴ・デ・コンポステーラに近づいた。

さあ、明日もがんばろう。

<本日の移動>
Saint-Jean-Pied-de-Port~Roncesvalles

約27km

約9時間


<本日のアルベルゲ>

Albergue Roncesvalles 10ユーロ

ひとつのフロアに2段ベッドがとにかくいっぱい並んでいます。清潔で新しい。
キッチンなし。wfiあり。確か各ベッドにコンセントもあったような?
※2012年5月の情報

<本日使ったお金>※2人分

アルベルゲ 10×2=20ユーロ
夕食     9×2=18ユーロ

計     38ユーロ(1人19ユーロ)
10:00 | サンティアゴ巡礼 2012/05-07 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Camino de Santiago サンティアゴ巡礼 2日目 2012年5月25日 裸の付き合い | top | Camino de Santiago サンティアゴ巡礼 0日目 2012年5月23日 始まりの場所へ

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://manouche337.blog45.fc2.com/tb.php/167-7fca74d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。