スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

サンティアゴ巡礼にむけて

巡礼をしようと決めたものの、いろいろと問題があって、実は出発の1か月前まで行こうか行くまいか迷っていた。

しかし、その問題も少し落ち着き、行っても大丈夫かもしれないと準備を始めたのは4月。

仕事を3月で辞めた私には1ヶ月間、十分時間があった。

はずなのに、いつもギリギリな私は、やはり腰を上げるまでが長かった。

さて、何から始めよう。

まずは、巡礼関係の本を借りに図書館へ。

近所の図書館にあったのは2冊。

こちら。

聖地サンティアゴ巡礼 世界遺産を歩く旅聖地サンティアゴ巡礼 世界遺産を歩く旅
(2010/01/29)
日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会

商品詳細を見る


※現在は改訂版↓が出ているよう。

聖地サンティアゴ巡礼 増補改訂版聖地サンティアゴ巡礼 増補改訂版
(2013/01/25)
NPO法人日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会

商品詳細を見る


そしてこちら。

世界遺産 サンティアゴ巡礼路の歩き方世界遺産 サンティアゴ巡礼路の歩き方
(2010/01/30)
南川三治郎

商品詳細を見る



準備が十分にできなかった私には、本を買って持って行くのが一番よいのだろうけど、節約していた私は、必要箇所をコピーして自作のガイドブックを作ることに。

巡礼路をを15に区切ってある、上の方の本を参考に、ルートをコピーして貼り、各町や村の特徴、距離、アルベルゲ(巡礼宿)の数などを書き込む。

主要な都市の地図はスペインのガイドブックをコピー。



しかし、ほとんどが小さな町や村なので、ガイドブックには載っていません。

ガイドブックを作っていると、行った時のことを妄想してワクワク。。



ルートの下調べはこれくらいで、さて、一体何を持っていったらいいのかな。

再び本の準備のページを読む。

読んでいくと、登山などをするときのように準備を万端にした方がよいという。

うーん、でも荷物はできるだけ減らしたい。

でも絶対必要で、持っていないものは買わなきゃ。

それが、寝袋。

アルベルゲでは、シーツを貸してくれるところがほとんどだけど、掛けるものはありません。

なので寝袋は必須。

ネットでいろいろ見た結果、モンベルのこちらの寝袋にすることに。


モンベル(mont-bell) スーパースパイラルダウンハガー♯5 ブルーリッジ R/ZIP BLRI 1121211モンベル(mont-bell) スーパースパイラルダウンハガー♯5 ブルーリッジ R/ZIP BLRI 1121211
(2012/03/22)
モンベル(mont-bell)

商品詳細を見る



正直10000円くらいであると思っていたけど、結局できるだけコンパクトで、質も悪くないもので・・と消去していたら、17000円ほどのこちらに。

これより高いものもいっぱいあるし、寝袋って高い!

でも、結果的にこの寝袋、私にはとても合っていて、初夏に歩く人にはお勧めです。

あとは・・・やっぱり靴が重要って書いてある。

登山用の靴って持っていない。

しかし、靴って、履きなれているもののほうがいいんじゃないかな。

どうしよう。

日頃、ほとんどスニーカーを履かない私が唯一持っているスニーカーが、コンバースとkeenのJasper。

コンバースは問題外だろうし、keenのやつはスウェードぽい生地でできているし・・雨が降ったら確実にずぶ濡れだなぁ。

どうしようと思っているうち、出発の1週間前に。。

富士山に登った友人に、靴は絶対重要!ハイカットがいいはず、と諭され、ようやくスポーツショップに足を運んだのが出発の3日前。

いろいろ見たけどいまいち分からなくて、そんなとき、ふと目にしたセール品の山。

そこで私のサイズのハイカットの靴を見つけた。それがこちら。

KEEN(キーン) Targhee II Mid(タージー 2 Mid) SKU1217 BKGE ブラック/グリーンKEEN(キーン) Targhee II Mid(タージー 2 Mid) SKU1217 BKGE ブラック/グリーン
()
KEEN(キーン)

商品詳細を見る



数年前のモデルで、しかし仕様は最新のと同じという。

最新のモデルの方がやさしい色合いだったけれど、これもなかなか個性的で悪くないか。

トレッキング用の靴下を借り、この靴を履いてみた感じ、ま、正直よく分からなかったけど・・サイズはちょうどいい感じだし、購入することにした。

10000円ちょとだったかな?

出発前にこの靴を履いて歩いたのは、3キロほど。

大丈夫かな・・。足を痛めるのが巡礼にとって一番こたえるだろうし。。

なんて思っていたのに、なんとなんと、マメひとつできず、、足の故障とは無縁で巡礼を終えたのでした。

この靴、私に合っていたよう。

なので、一応お勧めです!

あ、しかしハイカットに慣れていなかった私の足首には、うっすら線?跡?がちょっと残りました。

けど靴ってちょっと長く歩いてみないと合うか合わないか分からないものですよね。。

と、長くなってきたので、以下箇条書きで持って行ったものを。

・バックパック×1     
モンベル。13年前に買ったもので、バックパックの旅でいつも使っているもの。35リットルくらい?
・ザックカバー×1     
防水性があるもの。
・寝袋×1         
上記のもの。
・靴×1          
上記のもの。   
・靴下×3         
登山用?の、分厚いもの。
・ビーサン×1       
シャワーを浴びるとき、街を散策するときに必要。
・帽子×1         
少し防水加工がされていて、つばの広めのもの。
・ウィンドブレーカー×1  
3年ほど前に、パリのH&Mで買ったもの。。防水性はおそらくほとんど無し。
・合羽用のパンツ×1    
すごく薄い生地でできた、ズボンの上に履く、レインコートのようなもの。防水性はあまり無し。。
・ポンチョ×1       
100均のもの。。
・透明のごみ袋×2     
雨の日はこれに荷物を全部入れて、それをバックパックに入れました。
・Tシャツ×3       
ユニクロのスポーツ用で撥水性があるもの。セールで500円でした。これはすぐ乾くし持っていってよかった。
・長袖カットソー×2    
あまり使用しなかった。
・ズボン×1        
膝下が取り外し可能で、ハーフパンツにもなるもの。結局、チャックの部分が腿に擦れて痛かったので、長い状態ではほとんど着用しなかった。
・スカート×2       
見た目はスカートだけど、実はパンツになっているもの。アウトドア用のもの。
・スパッツ×2       
スカートが膝上丈のため、日焼け対策にこれを一緒に着用。
・パーカー×1       
ユニクロの通気性が良く、乾きやすいもの。
・下着×3枚ずつ    
下はユニクロの通気性があり乾きやすいもの、上は無印のノンワイヤーのもの。下着もみんなで同じところに干すので、シンプルなものの方がよいと思います。
・キャミソール×3     
ユニクロの通気性がよく、乾きやすいもの。
・バスタオル×2      
3年ほど前にパリのスポーツショップで買った、速乾性のもの。
・てぬぐいタオル×2    
ガーゼ生地のもの。歩くときに使いました。
・折りたたみ式ハンガー×2 
100均にて。洗濯を干すとき便利。
・洗濯バサミ×10     
100均にて。ヒモが付いているものが便利。
・安全ピン×5       
ほとんど使わなかったけど、洗濯ものが乾かなかったとき、ピンでリュックに留めて歩きながら乾かしました。
・ナイロンのエコバッグ×1 
100均にて。シャワーを浴びるとき、着替えを入れるものとして重宝します。
・コットンのエコバッグ×1 
買い物をするとき便利。
・ジップロック×2     
雨の日に、カメラをこれに入れていました。
・シャンプー、リンス、石鹸×各1 
小さめのもの。現地で買い足せます。石鹸は洗濯にも使ってました・・。
・洗顔料×1        
メイクも落とせるもの。大きいチューブのもの。洗顔フォームってあまりヨーロッパじゃ見かけません。
・化粧水×2、乳液×1   
乳液はあまり見なかったような気がするけれど、化粧水は現地で買い足せます。
・日焼け止め×2      
これは必須。
・ファンデーション類   
化粧はファンデーションくらい。
・生理用品×2日分ほど   
現地で調達できないときのために。
・薬
総合風邪薬、腹痛用、頭痛用の薬。
・眼鏡×1         
私には必須。
・コンタクトレンズ    
こちらも私には必須。巡礼を含め、3か月旅を続ける予定だったので、2週間の使い捨て×3か月分。
・コンタクトの洗浄液×1  
巡礼中はこれが結構荷物でした。
・カメラ×1
いつも使っているカメラに、カード3枚。充電器も。
・iPhone
日本で使っている携帯。充電器も。アルベルゲでは結構無料wifiが使えます。
・プラグ×2
ヨーロパのコンセントに合うプラグ。
・懐中電灯        
キーホルダーサイズのもの。
・錠×3          
海外に行く時には毎回持って行くもの。南京錠2つとチェーン状のもの1つ。
・カード×3       
海外に行くときに毎回持っていくもの。デビット1枚に、クレジット2枚。
・日本円         
海外に行くときはいつも、3万円ほど持っていきます。
・財布           
海外に行くときに持っていく、軽くて薄い小銭入れのようなもの。
・海外旅行保険      
今回はそのまま旅を続ける予定だったので、3カ月分。
・自作のガイドブック


多分、持って行ったものはこんな感じだったはず。

箇条書きにすると結構持って行ってるなぁ・・。

これで多分7キロくらいだったかな?

私は、完全に雨をなめていて、雨対策をほとんどしていませんでした。

結果、ラッキーなことに、雨が降ったのが2回だけということで、大丈夫だったのですが。

他の方は、上下ゴアテックスのものや、丈夫なポンチョを用意されていると思います。

あと、洗濯は夏はほんとにすぐ!乾くので、下着類やTシャツも1つ減らしてもよかったかも。

ちなみに、寝るときは、次の日の洋服を着て寝ました。

洋服は全てシワにならない素材だったし。

パジャマ用に何か持っていく必要はないと思います。

あと、防犯用の鍵。

実はほとんど使いませんでした。ラッキーだったのか、盗難に遭うことはありませんでした。

あとは、あ、スティック。私は持って行かなかったし、必要ないと思うけれど、持っている人は多かったです。

そうそう、iPhoneはネットで情報を得るのにとっても便利でした。パソコンは重いし。

今はもっと便利なアプリがあるかもだけど、Caminoというアプリはなかなかよかったです!

アルベルゲの情報がたくさん載っています。スペイン語だけど、ある程度予測ができます。

以上、非常に長くなってしまったけれど・・何か思いだしたら追記します。
11:26 | サンティアゴ巡礼 2012/05-07 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Camino de Santiago サンティアゴ巡礼 0日目 2012年5月23日 始まりの場所へ | top | サンティアゴ巡礼のススメ

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://manouche337.blog45.fc2.com/tb.php/164-85d55d8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。