スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ビオット

コートダジュールを巡るアートの旅。

今日も精力的にまわります。

最初に目指したのはビオット。

ニースからか、もしくはどこかで乗り換えたかはもう忘れてしまったけど・・バスで行きました。

ビオットでの目的地は、フェルナン・レジェの国立美術館。

バスを違う場所で降りてしまい、美術館までだいぶ歩いた気がします。

道が分からずキョロキョロしていると、看板発見。

レジェの美術館よりBonsai美術館のほうが気になったり。



しばらく進むとカラフルな色が見えてきました。



入り口の方はこんな感じ。



さあ中へ。

広々とした美術館。

レジェの年表。



レジェはキュビズムから発展した独特の作風で知られているフランスのアーティスト。

この後取っていた90年代前半のアートの授業の先生は、レジェが大嫌いって言ってた。。

でも私は好きだな~。

好きな絵もたくさんあったはずなのに、帰って写真を見て見ると、モザイクや彫刻、陶芸系の作品ばかり撮ってました。

光がとっても綺麗。





この表情が好きなのです。





室内を堪能したら外へ。

庭も広い。



ここにも大きなモザイク。



近づいてみました。



またこの表情。



花。



ああ、満足。

楽しかった!

さあ、またバスに乗って次の町へ。

次はピカソです。
10:24 | コート・ダジュール 2010/09 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ヴァロリス | top | ヴァンス

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://manouche337.blog45.fc2.com/tb.php/145-81e1d815
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。