2014年 01月
11 | 2014/01 | 01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

明けました。そして1年前の今頃。

久しぶりのブログ。

2014年ももう2週間が過ぎたのですね。

早い!

12月は仕事が忙しすぎて、ブログを開く暇がありませんでした。

今の仕事を始めて連休というものが全くなく、お正月に初めての3連休。

このままずっと連休のない日々が続くと思うと、ため息が出るけれど、あともう少しがんばらなきゃ。

果たして、今年は旅に出れるのかな?


さて、2013年は2月まで南米にいました。

ちょうど1年前の今頃はマチュピチュに上ったな~。

というわけで、1年前の今頃滞在していたペルーの思い出を。

実のところ、ペルーにはさほど興味がなかったのです。

が!

見所がいっぱい!

そして食べ物もおいしい!

思いの外素敵なところだったのです。


2012年12月29日、私たちはエクアドルからペルーに入りました。

最初にチクライヨという町で1泊。

早速、ペルー名物セビッチェをいただきました。

左下がセビッチェ。魚介のマリネです。これがうまい!

P312091.jpg

そして翌日の夜行バスで首都リマへ。

年越しは、泊まったホステルの屋上で花火を見ながら迎えました。

1月1日のリマは、いたって普通な感じ。

リマの景色。

P1022155.jpg

P1022202.jpg

P1032299.jpg

そしてリマには中華のお店もいっぱい。

ペルー人が経営するレストランにて、久々の中華。

P1032312.jpg

リマには結局3日くらい泊まったのかな?

夜行バスで次なる目的地、クスコへ。

クスコはマチュピチュの起点となる町。

標高が3600mということで、少し高山病を心配していたけど、大丈夫でした。

でも結構寒くて風邪をひいてしまい、結局1週間ほど滞在することに。。

そんなクスコの風景。

P1052389.jpg

P1062445.jpg

P1062454.jpg

クスコお家の屋根はオレンジ。ホステルからの眺め。

P1072597.jpg

クスコで私たちがはまって、3回も通った食堂。

メニューは確か3種類のみ。

牛の心臓(ハツ)のグリル、あと、どこか内臓のグリル、そして野菜やお肉が入った揚げ物。

一番のお勧めは、やっぱりハツ!

これ、結構大きくて、食べ応えもある!

P1062427.jpg

こんな風に作ってます。

P1082646.jpg

あぁ、また食べたい・・・!

そして、クスコ滞在中に向かったのが、マチュピチュ。

正直全く興味がなかったのだけど・・だからこそ、行って良かった!って思える場所の一つになりました。

マチュピチュに行くには、いろいろルートがあって。

私たちがチョイスしたのは、いわゆるバックパッカールート。

クスコからバス、乗りいタクシーを乗り継ぎ、さらに10㎞歩くというもの。

バス+乗り合いタクシーで8時間かかり、徒歩は2時間半くらいだったかな?

結構ハードでした・・。

乗り合いタクシーなんて、ガードレールなんてない崖っぷちを走るから、スリル満点。

徒歩は線路沿いを進みます。

この日は雨・・。

P1092763.jpg

P1092815.jpg

すぐ横を駆け抜ける列車。

P1092796.jpg

この真っ青な列車で、クスコから行けばラクラクなのだけど(笑)

でもでも、このルートを選択してよかったな~と思います。

すごく楽しかった!

麓の村で1泊し、翌日マチュピチュへ。

ここも、私たちは節約ルートを。

村とマチュピチュを結ぶバス、多分15分くらいしかかからないだろうけど往復15ドルほど。

これは高い!というわけで、村から徒歩で山を登りました。

P1102877.jpg

1時間ちょっとかかったかな?

結構きつかった・・。

マチュピチュに着いたころにはすでにクタクタ・・。

しかも入場してしばらくして大雨という・・。

雨が降る前のマチュピチュ。

定番スポットにて。

P1102972.jpg

リャマと戯れる私。

P1103071.jpg

雨のマチュピチュもなかなか素敵。

P1103178.jpg

P1103215.jpg

帰りは再び徒歩で。

そしてこの日の夜は、楽しみにしていたフレンチ!

ここは本当にお勧め。

P1103292.jpg

パン、前菜、メイン、デザートで、ボリューム満点。

そしておいしい!

P1103278.jpg

ま、この日の夕食は1人25ドルくらいだったから、そこに使うならバスを使って晴れているマチュピチュを堪能した方がよかったんじゃ・・?ていう気もするけど。。

そして、翌日は再び、徒歩2時間、乗り合いタクシー、バスで8時間、計10時間以上かけてクスコへ戻りました。

帰りは晴れてたから、気持ちよく歩けました。

なぜか2時間、犬と一緒に。

P1103354.jpg

クスコに戻った私たちが訪れたのが、マーケットで有名なピサック。

P1072534.jpg

民芸品も、マーケットを訪れている地元の方の民族衣装もカラフルで可愛すぎでした。

ここはまた行きたいな~。

P1072554.jpg

そしてもう一カ所。

アルパカと戯れることができる、アワナカンチャ。

P1163681.jpg

柵の中に入れるのです。

P1163760.jpg

クスコとその周辺は見所がたくさんあったなぁ。

さて、盛りだくさんのクスコを後にし、夜行バスでペルー最後の目的地、プーノへ。

私がペルーで一番楽しみにしていたチチカカ湖畔の町です。

時間がなかったので、日帰りツアーでトトラという葦でできた浮島ウロス島、そしてタキーレ島へ。

このウロス島!

中学生の頃社会の教科書で見て、絶対いつか行く!と思っていたところ。

そんな憧れのウロス島に来ることができて感無量でした。

P1173841.jpg

P1183943.jpg

タキーレ島も、のんびりしていて素敵なところでした。

P1183993.jpg

ランチは、チチカカ湖名物のトルチャ。

P1184145.jpg

結局3週間近く滞在したペルー。

またいつか行きたい国の一つ。

楽しかった!

あ、ペルーと言えば、忘れちゃいけないこれ。

インカコーラ!

P1072561.jpg

飲みたーい!


スポンサーサイト
14:40 | 日本の日々 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。