スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

モンテゴベイでオールインクルーシブ 最終日

オールインクルーシブも今日で最終日。

ということで、今日も気合を入れて、7時から朝食へ。

昨日と同じような感じ。。

PA022438.jpg

PA022439.jpg

ゆっくり朝食をいただいて、レストランから出ると、プール前に民芸品が並べられていました。

PA022454.jpg

ジャマイカンの彫物。に紛れてライオンもいたり。

PA032557.jpg

部屋に戻って水着に着替えて、早速ビーチへ。

この日は、3日間のうちで一番天気が良かったです。

PA032459.jpg

暑いのは好きじゃないけど、ビーチに来たからには晴れてないと!

でも逆側の空には、相変わらず分厚い雲。

PA032461.jpg

1時間くらいビーチで過ごして、プールへ。

PA032468.jpg

PA032474.jpg

目指すのはやはり、プールバー。

飲みまくる私・・。4杯目??

PA032505.jpg

この2つのカクテルもお気に入り。

PA032507.jpg

その後、いつものようにプールサイドで休憩。

PA032492.jpg

ちょっと小腹が空いたので、レストランへ。

チーズバーガーを注文。

PA032518.jpg

それから流れるプールへ。

PA032522.jpg

相変わらず、すーさんはスライダー、私は流れるプールでぷかぷか。

PA032529.jpg

PA032541.jpg

晴れていたからか、泳いでいる人が多かったです。

それにしても、やっぱり流れるプール楽しい!!

1時間ほど泳いで、再びレストラン。

ジャークチキン。ジャマイカでしか食べれなさそうだし、いっぱい食べておかないと!

PA032550.jpg

目の前のプールでは、バレー大会が行われていました。

PA032552.jpg

じゃ、そろそろランチにしよう!

って、チーズバーガーもチキンも食べたくせに、出来るだけ元を取ろうと張り切る私たち・・。

ビュッフェレストランでたらふくいただきました。

PA032555.jpg

PA032556.jpg

今日の私たちはノンストップ。

最後の日だし、いろいろ楽しまないと。

ということで、いったん部屋に戻り、着替えて再び1階へ。

今日は、ずっとやりたかったテニスを!

ラケットもボールも貸してくれます。

PA032559.jpg

コートには誰もいなくて、思いっきりできました。

でも暑くて暑くて・・1時間ほどでギブアップ。

冷たい水に浸かりたいね・・てことで、再び水着に着替えてビーチへ!

こちらのプールでは今度はゲーム大会が行われていました。

PA032571.jpg

すーさんはカヤックを楽しみ、私は家族連れの子供と、クラゲで遊んでいました(笑)

PA032602.jpg

PA032612.jpg

PA032620.jpg

この後、またまたプールバーでカクテルを楽しみ、さすがに疲れてお部屋へ。

最終日はアクティブに!と思ったけど、不完全燃焼。。

でも、一日中、食べて、泳いで、飲んで・・、テニスもできたし、十分かな。

部屋に戻り、しばらくすると大雨。

やっぱり降りました、最終日も。

PA032623.jpg

この日は6時にカリブ料理のレストランを予約していたので、6時前に1階へ。

しかし、レストランの前に行くも、明かりが点いていない。

10分くらいしても開かないから、おかしい!ということでレセプションで尋ねると。

「今日はあのレストランはお休みです。」と。

えっ、じゃ2日前予約できたのはなぜ・・??

ま、日本だったら何か言えそうだけど、日本以外の国はこんなもんか(笑)

こんなことなら、今日もイタリアンにすればよかったな~。

でもレストランは夕方までに予約しないといけないから無理。

残念だけど、代わりにバーベキューディナーがあるとのことだったので、その会場へ。

ステージの前の広い会場には机とテーブルがずらり。

周りには料理がいっぱい。

PA032630.jpg

どうやらバーベキューは、ジャークチキンだけみたいだけど、カリブの料理がいろいろ並んでいました。

PA032631.jpg

そしてステージではショーが。

まずはスティールパンの演奏。

PA032640.jpg

同じくカリブの国、トリニダード・トバゴで生まれたこの楽器。

イギリスの支配下、ドラムの演奏が禁じられた黒人たちが、ドラム缶を叩いた時の音をヒントに作りだした楽器。

涼しげな音色に、宿泊客は盛り上がりました。

すると、今度はダンス。

激しい動きに私のカメラ技術が追いつきません。

PA032654.jpg

その中で、特にすごかったのがこのセクシーな女性。

PA032664.jpg

負けじと、マイケル?がんばります。

PA032669.jpg

最後は、セクシーとマイケルのコラボ。なぜかマイケルが上(笑)

PA032681.jpg

大きな拍手の中、ショーは終わりました。

スティールパンがとっても素敵だったし、なかなか楽しかったです!

ショーの後は、バーに行って最後のお酒。

が、眠くて2杯でギブアップ。

もう1杯注文してお部屋で飲もう!と思っていたけど、いつの間にか眠りに落ちた私。。

すーさんは気合?で、再びバーに行ったとのこと。

翌日は、飛行機が9時半だったけど、どうしても朝食だけは!と思い、7時ちょうどにレストランへ。

PA032706.jpg

PA032713.jpg

PA032714.jpg

急いで食べて、チェックアウト。

そして、ホテル前に停まっていたタクシーで空港へ。

PA032717.jpg

8時過ぎには到着できたので良かったです。

空港にて、オールインクルーシブ、もっと食べて飲めたよね!と反省し合う私たち。

でも、こんな感じで滞在していたのは私たちだけだと思う。

みんな、のーんびりしてたし。

飲まないと、食べないと、泳がないともったいない!なんていう貧乏症の私たちにはまだ早すぎたかも(笑)

でも、オールインクルーシブ、とってもお勧めです!

世界一周をしている人は、ジャマイカ、もしくはメキシコのカンクンあたりで行ってみるとよいかも。

節約バックパッカーでも、たまの贅沢は必要。

私もまたいつか、カンクンあたりで泊まってみたいな~と思ってます。

さ、これでジャマイカの旅はおしまい。

観光は何もしなかったけど、こういうのんびりした旅もいいな~。

さて、次に向かったのは、この旅で1番行きたかった国、キューバ!

でもその前に、明日からは再び、サンティアゴ巡礼日記の続きを綴って行こうと思います。



スポンサーサイト
10:00 | ジャマイカ 2012/09 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

モンテゴベイでオールインクルーシブ 2日目

オールインクルーシブ2日目、7時前に起き、まずは朝食。

レストランは7時から。気合いを入れてオープンと同時に入りました。

ビュッフェ形式のレストランです。

PA012184.jpg

オムレツも1人ずつ好みに合わせて作ってくれます。

ふわふわでおいしい。

PA012185.jpg

朝食の後は、ビーチを散歩。

PA012186.jpg

相変わらず今日も曇ってます。

PA012192.jpg

でも昨日よりはましかな。

ビーチの端から見たホテル。

PA012194.jpg

ホテルの敷地内には、広い庭もあります。

PA012203.jpg

こちらは、ビーチが見える、お高めのお部屋。

PA012205.jpg

ホテル内には、ジムやテニスコート、バスケットコート、卓球台などもありました。

プールを見に来たころには、少し青空が。

PA012209.jpg

今日は泳げそう!

というわけで、早速水着に着替えてビーチへ。

海に入る前、ふと目についたのが、ボート。

PA012276.jpg

オールインクルーシブだし、せっかくだからチャレンジしてみよう!

で、この、足で漕いで進むボートにのってみることに。

PA012226.jpg

結構漕がないとあまり進まないボート。向きを変えるのも難しい。

でも、気づいたらホテルの敷地ギリギリのところまで行っていました。

PA012243.jpg

海の中にはクラゲがいっぱい。ゆらゆら漂っています。

PA012250.jpg

さあ、方向転換してホテルの方へ。

PA012259.jpg

PA012275.jpg

初めてこんな感じのボートに乗ったけど、なかなか楽しかったです。

このあと、浅瀬で少しだけ泳いで、プールに移動。

そして、これ、これがやりたかった!

PA022303.jpg

プールバーでカクテル三昧!!

贅沢。バックパックの旅とは思えないな~。

カクテルを楽しんだ後は、ビーチサイドでしばし休憩。

PA022321.jpg

気づくともう12時。お昼はジャークチキンにしよう。

部屋に戻って、着替えて、プールサイドのレストランへ。

ジャマイカ名物のジャークチキン。もちろんビールと一緒に。

PA022323.jpg

こちらはビュッフェレストランにて。

PA022324.jpg

ちょっとビーチ沿いを散歩して、再びカクテルタイム。

PA022328.jpg

そうそう、このホテルに来て、後悔したことがひとつ。

私たち、カクテルの名前が全然分からなかったんです。。

普段お酒を飲まないし、飲むとしてもワインだし、何が何だかさっぱり。

そしてバーにはメニューなんてないし。

だから、隣にいる人が頼んでいるのを指さして、同じものを!って言ってました(笑)

あとは、パイナップル味のお酒を・・とか、ウォッカベースのお酒を・・ていう感じ。

今度行く時までに勉強しておかないと。。。

で、この2種類のカクテル。どちらともすごいおいしくて、何度かおかわりしました!

PA022330.jpg

カクテルを飲みつつ、プールサイドを見ると、なにやらダンスが始まっていました。

PA022333.jpg

オールインクルーシブのホテルは、ほとんどの宿泊客がホテルの中で1日を過ごすので、様々なアクティビティが催されています。

今回は、食べる、飲む、泳ぐ、に集中したので、何も参加しなかったけど、このダンス教室すごい楽しそうでした!

でも、ダンスを見ている途中で雨が。

PA022334.jpg

ジャマイカは、この時期(9月終わり~10月初め)、やはり雨が多い。。

でも30分くらいで止んだので、流れるプールへ!

すーさんは、子供に混じり、ウォータースライダーを満喫。

PA022375.jpg

私は、流れるプールでぷかぷか流れてました。

PA022392.jpg

小学生ぶりに流れるプールに入ったけど、楽しい!

ちょっと疲れたところで、お部屋へ。

さて、今日の夕食は6時。

もうすっかり暗くなっているホテル内を歩きます。

PA022405.jpg

イタリアンのレストランは敷地の端の方にありました。

レストラン内。

PA022408.jpg

やはり8時からの予約が多いせいか、あまり人がいませんでした。

席に着き、昨日と同じようにコースを注文。

飲み物はもちろんワイン。

最初に、グリッシーニと、大好きなオリーブ入りのパンが出てきました。

PA022411.jpg

前菜は、多分ブラックオリーブのソースがかかったカプレーゼと、スープ。

PA022413.jpg

PA022414.jpg

二つ目の前菜!が、モッツァレラとトマトのピザ、そしてペンネアラビアータ。

PA022416.jpg

PA022419.jpg

どのお料理もおいしい・・!!

でもこの時点で結構おなかいっぱい。

そしていよいよメイン。

エビのクリームパスタと、ラム!

PA022421.jpg

PA022428.jpg

ラムが大好きな私。エビが好きなすーさん。2人もご満悦。

おなかがいっぱいと言いつつ、ぺろり。

最後にデザート。すーさんは今日も頼まず。

ティラミスにしました。

PA022431.jpg

昨日のアジアンよりもおいしかったな~!

このあと、バーに行って、カクテルをいただき、2日目終了。

つかの間の贅沢は、もう1日続きます。
10:00 | ジャマイカ 2012/09 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

モンテゴベイでオールインクルーシブ 初日

ネグリルから再びモンテゴベイに戻った私たちは、バス会社から歩いてタクシー乗り場へ。

乗り合いタクシーが並んでいるところに行くと、

「どこに行きたいの?」とドライバー。

目的のホテルを言うと、

「直行はないよ、乗り替えないと!」

「いやいや、俺のタクシーなら近くまでいくよ!」

あっという間に、私たちの取り合い・・。

すーさんなんて、両腕を2人のおじさんにひっぱられてるし(笑)

なんとか交渉し、タクシーに乗り込む。

乗合タクシーって、なかなか乗りこなすのが難しいのです。

行先とか書いてないし。

人数も揃い、いざ出発。

親切なドライバーのおじちゃんは、わざわざホテルの入り口まで行ってくれました。

PA012108.jpg

ありがとう!

さてさて、バックパッカーの私たちには不相応な、立派な入り口のこのホテル。

いつもは、1泊1000円以下のホテルに泊まり、1日1000円以下の食事で済ませ、5km以内なら公共交通を使わず歩く私たち。

そんな私たちが、なぜ、このホテルに来たのかというと・・。

実はこのホテル、「オールインクルーシブ」なんです。

オールインクルーシブとは、その名の通り、宿泊料金に食事、飲み物、アクティビティ料が含まれているシステム。

なんでも発祥がジャマイカとのことで、泊まってみたいなぁ~と思っていたのです。

肝心のお値段はというと。

美しいロングビーチや高級スパを持ち、18歳以上しか泊まれないホテルは、1泊1人300$くらい(Booking.comなどで予約する場合)。

オールインクルーシブということを考えると、日本と比べればそんなに高くないのかも?

しかし、300$なんて、私たちの普段の宿泊費の1カ月分に相当(笑)

なので、予算重視で検討した結果決めたのが、このSunset Beach Resort Spa and Waterparkだったのです。

1部屋3泊で340ユーロだったので、1泊1人7400円ほど。

これでもいつもの1週間分だけど・・たまには贅沢しないと!

て、言うほどの贅沢ではないけれど(笑)

さて、ビーサンに、ウィンドブレーカー、そして汚いザックカバーをしたバックパックを背負い、エントランスに向かう私たち。

PA012110.jpg

周りを見回すと、うん、完全に浮いている、この格好・・。

PA012112.jpg

チェックインを済ませた私たちの手に巻かれたこれ。

PA012198.jpg

チェックアウトをするまでずっと付けておかなければならないとのこと。

部外者と宿泊客を見分けるためかな?

早速部屋に向かった私たち。

なかなか広くて、快適そう!

PA012116.jpg

普通に日本から旅行に来たら感動しないだろうけど、何せ、つい1週間前はモロッコはラバトのホテルにて、トイレの水道で水浴びをして過ごした私たち。

このバスタブと、清潔なバスタオル、ちゃんとトイレットペーパーのあるトイレを見て、少し感動(笑)

PA012120.jpg

バルコニーからは海も見えました。

PA012118.jpg

さ、荷物を置いて、少しマシな服装に着替えて、ホテル内を散策してみよう。

その前に、今日から3日間の夕食の予約を。

このホテルには、プールサイドのファストフードレストラン、夜中まで開いているビュッフェ形式のレストランの他、予約をしなければ入れないレストランが3つあります。

もちろん、別にお金を払う必要はありません。

選択肢は、アジアン、イタリアン、カリビアン。

とりあえず今日はアジアンにして、明日はイタリアン、明後日はカリビアンにすることに。

今日の夕食は8時。

それまでブラブラしよう。

まずは、プライベートビーチを見に行ってみました。

でもこの通り。曇っていて誰も泳いでいないし、思ったよりは小さいビーチ。

PA012122.jpg

PA012130.jpg

でも、晴れていたらきっとキレイなんだろうな~。

おなかが空いていた私たちは、8時まで待ち切れず、ビーチ近くのレストランでチーズバーガーを注文。

そしてビールも。

PA012123.jpg

アルコールも全て飲み放題!

さて、今度はプールへ。

プールは全部で3つ。

スライダー付きの流れるプール。雨でも泳ぐ家族が数名。

PA012124.jpg

そしてこちらと、

PA012128.jpg

こちら。

PA012131.jpg

その後、エントランス近くのバーでカクテルを数杯いただきました。

PA012132.jpg

幸せすぎるー。

日本ではアルコールはほとんど飲まないけど、本当は大好きな私。ここではいっぱい飲まなきゃ。

まだまだ8時まで時間があったので、カクテルを持ってお部屋へ。

バルコニーに行ってみると、この景色。

PA012140.jpg

いつの間にか雨も上がり、分厚い雲の隙間から真っ赤な夕日が。

PA012143.jpg

美しい。

PA012147.jpg

1時間ほどのんびりし、1階へ。

ビュッフェ形式のレストランを覗いてみると・・お菓子をはじめ、なかなかの品ぞろえ。

PA012154.jpg

ちょっとだけ何か食べてみる??

というわけで、お肉を少しと、ワインで乾杯!

PA012157.jpg

その後、バーに入り、カクテルを注文。そしてビリヤード。

PA012161.jpg

ビリヤード、苦手なんだけど、上手くなりたいな~。

8時5分前になったところでレストランに行ってみました。

入り口からしてアジア。

PA012165.jpg

薄暗い店内は、ちょっと高級なレストランという感じ。

バックパックの旅では絶対に入らない雰囲気のところ。

コースの内容は、前菜、スープ、サラダ、メイン、デザート。そして飲み物。

前菜に選んだのは、こちら。さつま揚げのような感じ。

PA012168.jpg

そして巻き寿司。これは日本にはない感じ。

PA012169.jpg

スープはこちら。どちらも中華風味。

PA012170.jpg

PA012171.jpg

サラダはシンプル。

PA012172.jpg

そしてメインは、牛肉とエビ。

PA012175.jpg

PA012177.jpg

牛肉の炒め物がとーってもおいしかったです。

デザートに、チーズケーキ。

PA012178.jpg

甘いものが好きではないすーさんは注文せず。

セットメニューについているときは、もったいないといって無理して食べてたけど、ここでは無理しなくていいわ~と。

どのお料理もおいしかったし、満足、満足。

再びバーで飲み物を注文し、お部屋へ。

さて、これでオールインクルーシブ初日、終了。

2日目に続きます。
10:00 | ジャマイカ 2012/09 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

雨のネグリル

私たちが、モンテゴベイの他に行くことにしたもうひとつの町、ネグリル。

やはり海沿いの町で、夕日の美しさが有名なところ。

しかし、私たちが滞在していた3日間、初日以外ほとんど雨で夕日どころではありませんでした・・。残念。

さて、モンテゴベイのゲストハウスをチェックした私たちは、タクシーでダウンタウンへ。

P9281714.jpg

いろいろ話しかけてくるドライバーのおじちゃん。

しかし、ジャマイカンの英語って、結構聞き取るのが難しいんです。。

なのでドライバーのおじちゃんとの会話を全てすーさんに丸投げし、外の風景を眺める私。

タクシーからの景色。

P9281716.jpg

P9281726.jpg

ダウンタウンに着き、Pattyというパイ屋さんで野菜のパイを、そしてお弁当屋さんでアキー&ソルトフィッシュのお弁当を購入。

バス会社まで歩き、チェックインをし、ブランチ。

このアキー&ソルトフィッシュは、ジャマイカの名物料理。

アキーという名の木の実と、魚の塩漬けの炒め物なんだけど、これがおいしい!

少ししょっぱいので、付け合わせのイモやバナナと食べます。

P9281742.jpg

パイも中に野菜がぎっしりで、食べ応え十分。

さて、バスは20分遅れで出発。

P9291745.jpg

出発する前に、運転手さんの挨拶があったりして、結構きっちりしてました。

海沿いを1時間くらい走ると、ネグリルに到着。

バス会社の周りを見渡しても、ほとんど何もない(笑)

P9291747.jpg

かなりのんびりとした空気が流れています。

予約したホテルまでは、運よく歩いて2分ほど。適当に予約したのにラッキーでした。

今回泊まったのは、安ホテルCoral Seas Hotel。1泊1部屋30ドルちょいです。

P9291750.jpg

部屋は清潔で広くて、コストパフォーマンスはすごく良かったのだけど・・隣の部屋からすっごいマリファナ?の匂いが漂ってきて、それがかなり辛かったです。。

服に臭いがついて、空港で警察犬に噛まれたら・・とか妄想してしまうほど。。

ジャマイカでは、道を歩いていると、「タイマアルヨ~。」って言われます。

ジャマイカの方が日本語で話しかけてくるのです。

いつも何も聞こえないふりをしていたけれど、日本語で言ってくるってことは、買う日本人が多いということでしょうか・・。

さて、このホテルから中心までは2kmちょい。

ビーチ沿いを進んでいきます。

初日だけはなんとか晴れていたので、海もキレイ。

P9291767.jpg

砂浜が終わると、川が見えてきました。

P9291778.jpg

そしてもう少し進むと、ちょっと栄えているところが。

P9291787.jpg

栄えているとことの外れで見つけた、テイクアウトのお店へ。

店内にはなかなか味のあるボブマーリー。

P9291780.jpg

注文したのはこちら。

ジャークチキン。

P9291783.jpg

チキンシチュー。

P9291785.jpg

辛いソースが3種類ほど置いてあって、お好みでつけて食べます。

お店の外にベンチと机があったので、そこで海を見ながらいただきました。

お味は・・・かなりうまい!!お値段も、2つで650ジャマイカドルだから650円ほどと、お手頃。

私たちはここがとっても気に入ってしまい、翌日再訪することに。

さて、喉が渇いた・・。

小さな商店に駆け込んだ私たちが手にしたのはこれ。

P9291792.jpg

ジャマイカといえばこのビール、Red Stripe !

正直ビールは好きではないのだけど、暑いところで飲むビールはうまい。

あ、そうそう、ジャマイカでビックリしたことのひとつがスーパーマーケットにあります。

モンテゴベイとネグリル、多分小さなスーパーや商店に6,7軒入ったのだけど、従業員がどこも中国人なんです。

聞くところによると、ジャマイカのスーパーはほとんどが中国人経営だそう。

レジを打つ人、商品を並べる人は全てアジア人。そして客は、当たり前だけど全てジャマイカン。

私たちが入ると、逆に店員の中国人の方が「おっ?」ていう顔をしていました(笑)

さて、再びビーチを通り、ホテルへ。

P9291801.jpg

この日はそのまま就寝。

翌日、前日ちゃんとした夜ごはんを食べていなかった私たちは、7時半ごろホテルを出て、再び中心へ。

ホテルの周り、ほんとに食べ物屋さんがなかった。。

再びビーチ沿いを歩きます。かなり曇ってます。

P9291809.jpg

昨日見かけた川の方へ下りてみると、漁師さん?が。

大きな魚を川でさばいていました。

P9291814.jpg

奥に行くと、小さなフィッシュマーケット。商品はほとんどなかったけど。。

P9291816.jpg

横の方では、陽気なお兄ちゃんたちが魚をさばいていました。

P9291818.jpg

私がイメージする、ザ・ジャマイカンな風貌のお兄ちゃん。いや、おじちゃん?

P9291820.jpg

中心へ向かったものの、早すぎるのか、どのレストランもお弁当屋さんも開いてない・・。

うろうろしてようやく開いているレストラン発見。

注文したのはこちら。

ホウレンソウ&ソルトフィッシュ。

P9291824.jpg

そしてチキンシチュー。

P9291823.jpg

メインのお味も然ることながら、ここのフェスティバル(揚げパン)が美味しくて、フェスティバル5つをテイクアウト。

外は大雨・・。止むまでレストランで待つことに。

ちなみにレストランはこんな感じ。

P9291829.jpg

雨が小ぶりになったところで、ホテルへ。

夕方、雨が上がったので歩いてすぐのところにあるビーチへ。

P9301833.jpg

海水がかなり冷たかった!

P9301843.jpg

それでも、せっかくビーチに来たのだからと1時間くらい泳ぎました。

P9301989.jpg

P9301992.jpg

ホテルへ戻り、夜ごはんを食べに再び中心へ。

何回も行ったり来たりしていて、結構運動してるな~。

ビーチではなく、大きな道沿いを歩くと、景色はこんな感じ。

P9302003.jpg

P9302004.jpg

私たちが向かうのはもちろん、昨日のテイクアウトのお店。

と、その前に道端でジャークポークとスープを購入。

P9302006.jpg

それを持って、テイクアウトのお店へ。

今日はフライドチキンを注文。

P9302010.jpg

チキンはもちろん、付け合わせのご飯もおいしい!

お店の前はこんな感じ。食べていると犬が寄ってきます。

P9302012.jpg

本当は今日、夕日が一番きれいに見えるというカフェに行きたかったのだけど、絶対見れないよね・・。

仕方ない、諦めよう。。

だんだん暗くなってきました。

P9302021.jpg

やはり夕日はまったく見えず。

再びビーチを通ってホテルへ。

P9302026.jpg

翌日は朝から雨。

でも、せっかくビーチにいるのだから泳がなければ!っていう強迫観念に駆られて(笑)、ビーチへ。

P9302039.jpg

こうなったら意地でも泳ぐ!

P9302052.jpg

P9302058.jpg

しかし寒すぎて、まるで罰ゲームのよう・・。

と、しばらくして大雨が。

水着のまま歩いていると、まさかのホテルの目の前に食堂と思われる小さな小屋発見。

あれ、これ、昨日あったっけ??絶対なかったよね?

濡れたまま中に入ると、やっぱり食堂。

お客は誰もいない。いるのは、従業員が1人だけ。

不安を抱きつつ注文したのは、フライドフィッシュ。

P9302081.jpg

そしてチキンシチュー。

P9302080.jpg

想像していたよりずっとおいしい!こんな近くに食堂があったのか~。。

大雨が止むまで、食堂の子猫に餌付け。

P9302085.jpg

小雨になったところでホテルに戻り、シャワー、そしてチェックアウト。

チェックアウトの頃、さらに大雨・・。

PA012107.jpg

仕方なく、大雨の中バス会社まで歩き、無事にモンテゴベイへと戻ったのでした。

ネグリル。

透き通る海と、夕日が売りの町。

どちらも堪能できず、残念・・。

なんだか、食べて、ビーチを歩いて、の繰り返しだったな~。

って、このあと3日間、さらにのんびりした日々を過ごすことになるのです。






10:00 | ジャマイカ 2012/09 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

カリブの島国、ジャマイカへ

さて、サンティアゴ巡礼日記、20日目で巡礼の約半分が終わりました。

なので、今日からはモロッコ旅行の続き、ジャマイカ旅行記を。


モロッコを後にした私たちは、カサブランカからマドリードを経由して、ブリュッセルへ。

空港で一夜を過ごします。

空港に泊まるのは何回目かな。もう慣れたもの。

夜に着いたので、空港に併設しているスーパーは閉まっていました。

なので、スタバでサラダを買って、マドリードの空港で買っていたワインとともにいただきました。

P9261423.jpg

寝れそうな椅子を探し、就寝。

翌朝、6時にはスーパーが開いていたので、朝食を調達。

ワッフル、パン、チーズバーガー(温めてくれます)、パン、チップス、ジュース、ビール。

P9261429.jpg

朝食のあとにチェックイン。

今回使ったのはJetairFly。

P9261433.jpg

私がどうしても10月末のメキシコの死者の祭りに行きたくて。

でも、それまでに1ヶ月ある。じゃ、メキシコの前に、ジャマイカとキューバにも寄ろう!

となって、ヨーロッパからジャマイカへのフライトを探していた時、JetairFlyの格安チケットを見つけたのです。

確か3万円くらいでした。安い。。

格安のチケットだったので、どんな感じかな~と思っていたけれど、機内食もなかなかおいしかったです。

P9261437.jpg

P9271438.jpg

ブリュッセルを出発して約9時間後、飛行機はドミニカ共和国のプンタカナへ。

暑いのだけど、確実にモロッコとは違う暑さ。

ちょっと湿っぽいのだけど、さわやかな風が吹いていました。これがカリブか~。

P9271460.jpg

乗り継ぎが1時間ほど。空港内で過ごします。

P9271466.jpg

P9271470.jpg

そして再び飛行機に乗り、2時間後くらいにジャマイカのモンテゴベイに到着。

ブリュッセルからは計13時間ほどの旅でした。

今回、首都のキングストンには行かず、海辺の町で過ごすことにした私たち。

ジャマイカといえば!のレゲエにも特に興味がなく・・とりあえず海を楽しもうという、ゆる~い旅の始まりです。

未知の国、ジャマイカ。そして治安が悪いと言われているジャマイカ。

少しビビりながら空港を出て、外で迎えの車を待ちます。

P9271481.jpg

今回は、予約したゲストハウスが無料でピックアップしてくれたのでよかったです。

こちらがお迎えの車。

P9271484.jpg

やはり車内は大音量のレゲエ!ジャマイカって感じ!

20分くらいでゲストハウス到着。

泊まったのはBethel Court Guesthouse。

リビング、キッチン、トイレ、シャワーが共同だけど、ベッドルームは個室。

1泊1部屋40ドル。中心から離れてるのが不便だったけど、部屋は清潔で、リビングルームも過ごしやすかったです。

おなかが空いたので、ゲストハウスのタクシーでジャマイカ名物ジャークチキンを食べに。

右手前にちらっと写っているフェスティバルと呼ばれる揚げパンのようなものと一緒にいただきます。

P9271488.jpg

スパイシーでジューシーなチキン、おいしかった!

この日は帰りにスーパーに寄ってもらい、ゲストハウスに戻りシャワーを浴びて就寝。

翌日は海へ!

その前に、次の日のバスチケットを買いに。

ゲストハウスの前から乗合タクシーが出ているので、それで中心へ。

前日少しだけゲストハウスの人に米ドルからジャマイカドルに両替してもらったんだけど、レートのよいところを見つけたので、再び両替。

それから、Knutsford Expressというバス会社へ。

P9281740.jpg

モンテゴベイ-ネグリルの往復チケットを購入。1人2200ジャマイカドルでした。多分2200円ほどです。

帰り道、バス会社の前で発見した、「石見観光」と書いてある日本のバス!こっちで使ってるのかな?

P9271493.jpg

さてさて、どこの海に行こう。。

ゲストハウスの方にもらった地図を見ると、ちょっと歩くけど、空港のほうに向かう途中に小さな無料のビーチがあるらしい。

とりあえず、そちらの方に歩いていこう。

途中見つけたクラフトマーケット。

P9271502.jpg

色がジャマイカ!ラスタカラーの黄色と緑、そして黒。

本来のラスタカラーは、赤、黄、緑。それに黒が含まれることもあるそう。

赤は戦争による血、黄は太陽、緑は豊かな大地、黒は故郷アフリカを意味します。

P9271494.jpg

P9271500.jpg

モンテゴベイのダウンタウンを通ります。

治安にビビってカメラをほとんどしまっていたので、あまり写真は撮れませんでした。

P9271505.jpg

P9271507.jpg

ダウンタウンの中心、サム・シャープスクエアへ。

この名前は、ジャマイカの奴隷解放運動を起こし、ここで絞首刑になったサミュエル・シャープから採ったそう。

奥に見える肖像画が彼。前の銅像はその奴隷解放運動を表わしたものかな。

P9271511.jpg

そしてこのThe Cage、牢獄は、1806年に建てられ、プランテーションから逃げ出した奴隷を留置するのに使われたそう・・。

P9271508.jpg

ジャマイカの歴史。

1994年、コロンブスが発見。その後植民地化が進み、原住民は殺されたり疫病で亡くなる。

そして16世紀半ば、スペイン全盛期を迎え、各地にプランテーションができ、その労働力としてアフリカから多くの奴隷が連れて来られる。

それから17世紀半ばにスペインからイギリスの支配に変わり、さらに多くの奴隷が連れてこられ、過酷な労働を強いられる。

そんな中、奴隷解放運動も行われたけれど、彼らがやっと解放されたのは1838年。

イギリスから独立したのは1962年。

現在もジャマイカの90%はアフリカ系の方。彼らの祖先のほとんどが奴隷だったということ。

先ほどのラスタカラーも、そんな奴隷の方々のアフリカ回帰の念から生まれたラスタファリニズムのシンボル。

そしてレゲエも。

ジャマイカっていうと、なんだか陽気な人たちっていうイメージだけど、暗く辛い歴史があるのです。

そんな歴史の象徴の広場を通り、おなかが空いてきたので、ローカルレストランでブランチを。

主食?は、ヤムイモとフェスティバルとバナナ。バナナは甘くないやつ。2皿ともメインは魚だったと思います。

P9281522.jpg

P9281523.jpg

うん、ジャマイカ料理、日本人の口に合う!

ブランチの後は、ようやく海へ。

P9281527.jpg

大道芸人?

P9281531.jpg

キレイなブルーのカリブ海が見えてきました。

P9281533.jpg

P9281550.jpg

P9281552.jpg

こちらは入場料が要る観光客向けビーチ。入り口から写真だけ撮らせてもらいました。

P9281555.jpg

そこからさらに15分ほど歩き、目的のビーチに到着。

地元の人しかいません。小さいビーチだけど、人も少なく良い感じ。

P9281590.jpg

さっそく服を脱いで海へ!

飛行機が近い!!

P9281561.jpg

本当にキレイ。透き通ってます。

P9281595.jpg

ビーチに来る前に立ち寄ったスーパーで買ったジンジャービール。といっても、ジュースです。

P9281602.jpg

あぁ、幸せー。

P9281615.jpg

海より断然山派だったのに、最近は海もいいな~と思ってきたのはなんでだろう。

スキューバなど、海のアクティビティには依然興味が湧かないのだけど、海を眺めるだけで幸せを感じるー。

P9281639.jpg

泳いだり、リラックスしたり、2時間ほどビーチで過ごした私たち。

再びダウンタウンまで歩きます。

ダウンタウンで撮った、貴重な?ショット。

P9281696.jpg

P9281698.jpg

歩いてる時は、ほとんど身の危険など感じなかったけど、やっぱりカメラを出すのは不安。

一度ゲストハウスに戻ったら、またタクシーで出なきゃいけないので、夜ごはんを食べて帰ることに。

ヤギカレー。ジャマイカでは結構ヤギを食べるよう。

P9281705.jpg

そしてチキン。

P9281706.jpg

おいしくいただきました。

モンテゴベイ1回目の滞在はこれで終わり。次に行くネグリルのあとにまた戻ってきます。



10:00 | ジャマイカ 2012/09 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。