カテゴリ:大阪・金沢 2008/11
| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ひがし茶屋街

古都金沢の風情を感じることができる「ひがし茶屋街」。

最寄りのバス停から歩いていると、かわいいベンチ発見。

IMG_1953.jpg

しばらく歩くと、風情ある街並みが。

IMG_1956.jpg

IMG_1958.jpg

IMG_1957.jpg

奥に進むと、茶屋街の情緒ある風景が見えてきました。
石畳に茶色い家々。

IMG_1959.jpg

小雨が降る夕方。
この街並みには雨がとても似合う。

IMG_1961.jpg

せっかくなので、お茶屋さんを見学。
私が訪れたのは、現代アートが溶け込むお茶屋「懐華樓(かいかろう)」。

IMG_2009.jpg

ここで気になったものは、なんといっても襖や屏風。

歌が書かれた様々な色の和紙を貼り付けたものや、

IMG_1973.jpg

花火のようなかわいらしい模様が描かれたものや、

IMG_1992.jpg

美しい芸妓さんが描かれたもの、

IMG_1976.jpg

大胆な書が施されたもの、

IMG_1977.jpg

味のあるユーモアたっぷりの絵が描かれているもの。

IMG_1981.jpg

こちらのお部屋は、壁も真っ赤でとても素敵。

IMG_2006.jpg

そうそう、お部屋によってはこんなかわいらしい畳も。

IMG_1966.jpg

そして明かり。
いろいろな形の明かりがありました。

傘にデザイン性があるものや、

IMG_1967.jpg

アジア風のものや、

IMG_2001.jpg

洋風のもの。
うまい具合に和の部屋ともマッチしています。

IMG_1978.jpg

畳を静かに照らす明かりや、

IMG_2002.jpg

花入り和紙で作られた明かり。
形もひとつとして同じものはありません。

IMG_1987.jpg

IMG_2007.jpg

IMG_2000.jpg

2階の窓から下をのぞくと、

IMG_2005.jpg

石が敷き詰められた中庭にガラスのアートのようなものが見えました。

IMG_1995.jpg

近づいてみると、こんな感じ。

IMG_1998.jpg

外に出ると、さっきまで賑わっていた通りもすっかり静かに。

IMG_2012.jpg

帰り道に見かけた昔ながらの駄菓子屋さん。

IMG_2016.jpg

夕暮れと小雨が似合う、とっても素敵な茶屋街でした。


スポンサーサイト
21:55 | 大阪・金沢 2008/11 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

金沢 長町武家屋敷跡

江戸情緒にひたることができる、金沢長町武家屋敷跡

香林坊というバス停で下車し、ゆっくり1時間ほどの散歩。

長町武家屋敷跡

少し歩くと石畳と土壁に囲まれた小路が現れます。

長屋武家屋敷跡6

時々空を見上げつつゆっくり歩いて行きます。

長屋武家屋敷跡7

長屋武家屋敷跡4

長屋武家屋敷跡8

土壁についている苔もキレイ。

長屋武家屋敷跡9

武家屋敷跡野村家へ入ってみました。

長屋武家屋敷跡10

綺麗に手入れが行き届いた庭園が素晴らしい。

長屋武家屋敷跡11

長屋武家屋敷跡12

鯉が泳ぐ池も風情があります。

長屋武家屋敷跡16

2階の茶室への階段。
大きい石を並べただけなのに、屋敷の雰囲気にとてもマッチしています。

長屋武家屋敷跡18

この屋敷の中で気になったのが明かり。
ロウソクを灯すと、漏れ出る光が美しいはず。

長屋武家屋敷跡15

長屋武家屋敷跡17

長屋武家屋敷跡19

欄間や紙窓もステキ。

長屋武家屋敷跡13

長屋武家屋敷跡14

お昼は、鏑木商舗でいただきました。

長屋武家屋敷跡20

長屋武家屋敷跡21

そしてデザートは茶庵にて生麩のあべかわを、とってもおいしくいただきました。

長屋武家屋敷跡22

長屋武家屋敷跡1

おなかいっぱいになったところでもう少し散歩を。
眼光が鋭いクールなねこちゃん発見。

長屋武家屋敷跡5

武家屋敷の外には、金沢最古の用水が流れていました。

長町武家屋敷跡24

風情ある景色の中、贅沢な時間を過ごすことができました。


22:12 | 大阪・金沢 2008/11 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

光の教会

大阪の茨木市にある茨木春日丘教会

最寄りのモノレールの駅から歩くこと約15分。
ようやく見えてきました。

光の教会10

コンクリートの壁が十字にくり抜かれ、ガラスがはめ込まれています。
一見すると教会ぽくない、おしゃれな建物。

光の教会9

入口に近づいていくと、ありました。
十字架が。

光の教会11

入口にはたくさんの参加者が。
外国人もちらほら。

訪れたのは日曜礼拝の日。
私もこの礼拝に参加するために、そしてこの建築物を見るためにやって来ました。

この教会の別名は「光の教会」。
礼拝堂に入った瞬間、なぜそう呼ばれるのかが分かりました。

設計したのは安藤忠雄
彼特有のコンクリートの壁にくり抜かれた十字架から差し込む光。
なんてシンプルで無駄がなく美しいのだろう。

光の教会1

初めての礼拝にうわの空になりつつ、約1時間、差し込む光をぼーっと見つめていました。

教会の内部は余計な装飾がなく、簡素な造り。
その無機質なシンプルさが、祈る場所としての教会の神聖さを高めているように思えます。

光の教会4

光の教会8

そして外もこんな感じ。

光の教会7

光の教会5

光の教会6

こんなところにも十字架が。

光の教会2

帰る時も、なんだか振り返ってもう一度見たくなる十字架。

光の教会3

安藤建築の「風の教会」「水の教会」にもいつか行ってみたいな。


21:19 | 大阪・金沢 2008/11 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。